米国でホテルマン、ホテルウーマンになるためには?

米国でホテルマン、ホテルウーマンになるためには?

アメリカでもホテル産業の給与は、IT業界と比較すると安いことが多い。しかし、特別な技術を持たないものの、英語はできる日本人にとってはアプローチしやすい業界といえよう。

アプローチしやすい分、時給や給与が安くなる傾向があり、ヒルトン、リッツ・カールトンなどの5スター級のホテルでも営業部長で年収約600万円弱。訓練中のマネジャーだと時給約16ドル。さまざまな問題解決にあたるビジネス・ソリューション・スペシャリストになると、年収約800万円台となる。3スター級の会計担当者は約450万円だ。

また、日本人がアメリカのホテルで働くには超えなくてはいけない、環境というか文化の壁がある。当たり前のことだが、アメリカは人種のるつぼ。だから、たとえば客室係がフィリピン人、フロント係がイタリア人、シェフがメキシコ出身者、ドアマンがケニア人など価値観やバックグラウンドが違う。

日本で当たり前の「より良いサービスを目指して頑張りましょう! ○○○ホテルの一員として!」などということにはならない。チームとして非常にまとまりにくいのだ

一方、皆、個人の生活を大事にし、上下の隔てなく付き合いやすい。また、ホテルのユーザーの使い方にも日米で大きな差がある。

大都会で暮らす日本のゲストはホテルを寛ぎや、結婚記念に食事する場所としてとらえている。アメリカでは極論すれば、出張や家族旅行の単なる寝る場所なのだ。

アメリカは家が広いため、モノがゴチャゴチャあふれたり、隣の家の騒音が聞こえるマンションから脱出しなくてよい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。