韓流に女性グループ歌手旋風 日本に続々上陸の理由とは

すっかり日本で定着した“韓流”が、「女性グループアーティスト」という新たな波を起こし始めた。

8月11日に発売された女性5人組「KARA」の日本デビューシングル『ミスター』が発売3週間足らずで10万枚を売り上げ、オリコンのシングルチャートで5位に入った。海外女性グループのデビュー曲でのトップ10入りは、英国ノーランズの『ダンシング・シスター』(7位)以来、29年8カ月ぶり。KARAに続いて上陸した「少女時代」も初回限定1万枚で発売したDVDが予約開始と同時に完売、「ブラウンアイドガールズ」も都内で行われたイベントでは400枚のチケットに5000人超が殺到した。

日本では「東方神起」など男性グループの人気が先行していたが、韓国では3年ほど前から女性グループが高い支持を得ている。日本での人気を支えるのは10代後半から20代前半の若い女性。AKB48など日本の女性グループは男性ファンが中心なのとは対照的だ。

歌、ダンス、ルックスと三拍子そろった彼女たちを見て「形に残るものを」というファンが多く、配信よりグッズなど特典付きの高額なCDやDVDが多く売れている。CDなどは配信よりも粗利が高く、販売不振にあえぐレコード業界も新たな韓流ブームに期待を膨らませている。

(週刊東洋経済2010年9月11日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT