韓流に女性グループ歌手旋風 日本に続々上陸の理由とは

すっかり日本で定着した“韓流”が、「女性グループアーティスト」という新たな波を起こし始めた。

8月11日に発売された女性5人組「KARA」の日本デビューシングル『ミスター』が発売3週間足らずで10万枚を売り上げ、オリコンのシングルチャートで5位に入った。海外女性グループのデビュー曲でのトップ10入りは、英国ノーランズの『ダンシング・シスター』(7位)以来、29年8カ月ぶり。KARAに続いて上陸した「少女時代」も初回限定1万枚で発売したDVDが予約開始と同時に完売、「ブラウンアイドガールズ」も都内で行われたイベントでは400枚のチケットに5000人超が殺到した。

日本では「東方神起」など男性グループの人気が先行していたが、韓国では3年ほど前から女性グループが高い支持を得ている。日本での人気を支えるのは10代後半から20代前半の若い女性。AKB48など日本の女性グループは男性ファンが中心なのとは対照的だ。

歌、ダンス、ルックスと三拍子そろった彼女たちを見て「形に残るものを」というファンが多く、配信よりグッズなど特典付きの高額なCDやDVDが多く売れている。CDなどは配信よりも粗利が高く、販売不振にあえぐレコード業界も新たな韓流ブームに期待を膨らませている。

(週刊東洋経済2010年9月11日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。