(第30回)「失われた15年間」の雇用と賃金構造の変化

(第30回)「失われた15年間」の雇用と賃金構造の変化

1990年代後半以降の貧困世帯の増加は、低賃金労働の増加によるところが大きいと前回述べた。この過程をより詳細に見ることとしよう(下表も参照)。

まず、「毎月勤労統計調査」によって、5人以上事業所の現金給与総額の指数(2005年=100)につき、95年と00年、07年を比較しよう。全産業では、105・6、105・6、99・2と推移した。つまり、90年代後半はほぼ不変で、00年以降に下落したのである。

しかし、製造業の給与はこの期間を通じて下落しておらず、93・2、97・3、100・8と推移した(下落したのは経済危機後であり、09年に94・1になった)。

給与の下落が著しいのは、サービス業なのである。00年と07年を比較すると、卸売・小売業は108・7から99・9に、飲食店・宿泊業は、109・6から94・8に、運輸業は107・5から99・5に、それぞれ下落した。

なお、サービス業の中でも、金融・保険業は98・8から100・2へと上昇した。また、建設業は107・4から102・5へ下落した。

このように、給与の動向は業によってかなりの差がある。概して言えば、小売業、飲食店、運輸業、建設業など生産性が低い産業で下落し、製造業、金融・保険業など生産性が高い産業で上昇しているのである。


政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT