(第30回)「失われた15年間」の雇用と賃金構造の変化


世界経済の構造変化に対応できなかった日本

まとめて言えば、次のようになる。全体で見ると、日本の雇用は、95年以降ほとんど一定で増えなかった。そして、製造業は雇用を減少させた。それを引き受けたのがサービス業であり、特にパートタイム労働であった。サービス産業のパートタイム労働は低賃金労働であるため、パートタイム労働の増加はサービス産業の賃金を引き下げた。それによって、経済全体の賃金水準も低下したのである。ただし、この間に製造業の賃金水準は緩やかではあるが、上昇している。

以上で見た雇用・賃金構造変化の背後にあるのは、次のようなことであった。90年代以降、中国工業化の影響が顕著となり、世界経済の中での日本の地位が脅かされるに至った。中国の比重が上昇し、日本の比重が低下したのである。

これによって、日本の製造業の生産は頭打ちとなった。鉱工業生産指数の長期的な推移を各年1月の指数でみると、78年に58・0であったものが、85年には79・3、90年には95・3と、順調に成長を続けた。

しかし、91年に100を超えてからは伸び悩み、92年からは減少に陥る場合も生じるようになった。減少傾向はさらに顕著となり、94年には指数が87・8にまで低下した。つまり、90年代以降の鉱工業生産指数は、増減を繰り返すだけで、長期的に上昇することはなくなったのである。

従来の日本の製造業は、特に大企業において年功序列的な賃金慣行が強かったため、このような生産頭打ちに対して、雇用条件を柔軟に調整して対処することができなかった。賃金を下げることができなかったので、自然減を中心として雇用量を減らすことで対応した。これによってあふれた労働供給が、サービス産業のパートタイム労働となった。そこでの賃金が低水準であるため、全体の賃金が下落したのである。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT