29歳でIT界の寵児、ボックスCEOの実像

ある日、学生寮に35万ドルの小切手が届いたら

ボックスも同様である。

会社で使うドキュメントやコンテンツの保存がその機能なのだが、ちょうど一般ユーザー向けソフトウエアと同じような、わかりやすいデザインやインターフェイスが、同社製品の特徴だ。「エンタープライズ級のテクノロジーを、どうやってエンタープライズ向けに感じられないような方法で届けるか」が、当初からのゴールだったとレヴィは語っている。

これはある意味では賭けだったろう。一般ユーザー向けのような「ゆるい」見かけにすぐに懸念を示す企業ユーザーも多いからだ。だが、ボックスの場合は、これが成功した。「使いやすいものを使いたい」という社員の希望、インターフェイスに一工夫を凝らす企業への共感のようなものが、今や一般、企業にかかわらずユーザー全体に広がっているのが理由かもしれない。

2005年に創業したボックスは、今や1000人以上の社員を抱え、最も急速に成長を遂げるエンタープライズ向けIT企業とされている。クライアントも、P&G、GEなどの超大手企業が名を連ね、また同社に投資をするベンチャーキャピタルも超一流のところばかり。今春には、IPO(新規株公開)の計画を明らかにしたことから、同社への注目はうなぎ上りに高まっている最中である。普通の感覚が大当たりした、というわけだ。

大物投資家から35万ドルの小切手

レヴィは、現在29歳。大学をドロップアウトしたこと、ガレージで友達と起業したことなど、典型的な起業家の道のりだ。そして大胆。

レヴィは、大学2年生のときに授業の課題でリサーチをして、この分野に商機があることをかぎ取ったのだが、その後、コンタクトを取ったのがマーク・キューバンである。キューバンは、起業で成功した大物投資家として知られる人物。別に知り合いだったわけでも紹介があったわけでもないが、メールを送った。驚くべきことに、その後、キューバンからレヴィの学生寮の部屋に35万ドルの小切手が届いたのである。当時、2人は、直接会ってもいないという。

そして、レヴィはグーグルやマイクロソフトという巨大企業よりも先駆けて、この分野に足を踏み入れた。最初は消費者向けのストレージサービスを行っていたが、そこが混み合ってきたために、企業向けに目を転じたのだ。けれども競争は決して簡単ではない。創業資金を提供してくれたキューバンとは、その後、戦略上の意見がかみ合わず、キューバンは株を手放している。

現在ボックスは、使いやすさの土台の上に、企業向けのビジネス・プロセス機能を加えて続けている。また、これからますます進むビッグデータ時代にも備えようとしている。

もっともホットなエリアに思わず足を踏み入れてしまった起業家。レヴィの勘と戦略が、時代に正しく舵とっていくのか。われわれはリアルタイムでそれを見ている。


 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT