世界の製薬業界は「特許切れ」リスクが収益を圧迫、見通しはネガティブ《ムーディーズの業界分析》


VP−シニア・アナリスト
小坂則子

世界の製薬業界の見通しは、ネガティブである。 この見通しは、向こう12~18カ月にわたる、業界のファンダメンタルな信用状況についてのムーディーズの見通しを示したものである。

製薬業界は重要な岐路にある。大規模で収益性が高く、格付けも高いブランド医薬品メーカーの多くは、後期段階にあるパイプライン(新薬候補)の質も良好とはいえず、コスト圧力が高まる中、特許切れのリスクに直面している。世界の製薬業界に対するネガティブの見通しは、今後の特許切れ、力強さに欠けるパイプラインの質、医薬品価格を対象とした世界的な医療費抑制政策により、複数年にわたって収益成長が圧迫されるとの見方を反映している。一部の企業は継続的な収益低下に直面するとみられる。

特許切れのリスクは依然として、世界の製薬業界に対するムーディーズのネガティブの見通しの主な要因である。特許切れは最近の業界再編の大きな要因となっており、引き続き業界再編を促すものと予想している。

[+]画像拡大

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT