世界の製薬業界は「特許切れ」リスクが収益を圧迫、見通しはネガティブ《ムーディーズの業界分析》


VP−シニア・アナリスト
小坂則子

世界の製薬業界の見通しは、ネガティブである。 この見通しは、向こう12~18カ月にわたる、業界のファンダメンタルな信用状況についてのムーディーズの見通しを示したものである。

製薬業界は重要な岐路にある。大規模で収益性が高く、格付けも高いブランド医薬品メーカーの多くは、後期段階にあるパイプライン(新薬候補)の質も良好とはいえず、コスト圧力が高まる中、特許切れのリスクに直面している。世界の製薬業界に対するネガティブの見通しは、今後の特許切れ、力強さに欠けるパイプラインの質、医薬品価格を対象とした世界的な医療費抑制政策により、複数年にわたって収益成長が圧迫されるとの見方を反映している。一部の企業は継続的な収益低下に直面するとみられる。

特許切れのリスクは依然として、世界の製薬業界に対するムーディーズのネガティブの見通しの主な要因である。特許切れは最近の業界再編の大きな要因となっており、引き続き業界再編を促すものと予想している。

[+]画像拡大

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT