「最高の妊活タイミングはいつ?」は愚問です

出世の後に産むとか、すぐ産んですぐ復帰とか……

細かい人生設計なんて、意味がない

妊娠・出産といっても、もちろん大きな個人差はありますが、妊娠が判明してから会社を休むまでに数カ月があります。妊娠したらすぐ産まれる!というわけではないのですから、その数カ月、しっかりと仕事をすることで、復帰後の居場所を心配しないで済むようにもなると思います。

逆に言えば、あなたの2択のどちらかが成功したとして、妊娠・出産するまでの時間、あなたはどう過ごすつもりなのかしら?とも思います。

せっかくプロジェクトを成功させてエースになったとしても、妊娠したことで、またそこから引きずり降ろされる不安を感じながら過ごすことになるかもしれない。「深く考えずに」妊娠して、「こんな時期に妊娠?」と後ろ指さされているような気分にさいなまれながら仕事することになるかもしれない。これまたストレスフルではありませんか。

「子どもを持つこと」「会社で評価されること」は二律相反じゃありません。順番をつけて計画的にやらなければ、会社にいられなくなるなんてことは、思い込みでしかないように思います。「そういう会社なんだもん」と思うのだとすれば、それはあなたが子どもを持った途端に、マミートラックに乗せる会社かもしれない、ということですよ? そこで評価を得ても、長く居場所を確保することは難しいでしょうねぇ。

思い込みを捨てて、子どもを持ちたいと願いながら、懸命に目の前の仕事をするのが、いちばんの解決策です。結果として、それこそ両方とも手に入るかもしれませんよ!

どちらにしても、年齢や年次に応じて事細かに生き方を計画するなんて、あまり意味のないことだと思いますね。芸能人が「28歳で赤ちゃんが欲しいですぅ」とか言っているのとあまり変わらない。何もアクションしないままに、自分の人生計画ばかり練っていても、時間が過ぎるばかりです。あっという間にオバチャンになっちゃいます。

本当の「妊活」とは、子どもを授かるために、自分の体や内面、生活をメンテナンスしていく地道な日々の積み重ねのこと、だと私は思います。仕事が成功した! はい、次は妊娠! なんてふうなのとは違う気がするのです。誰にも答えの出せない「タイミング」の問題。どう考えるかは、やはりあなた次第でしかないように思えてなりません。
 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT