オリオンビール、「酒税軽減廃止」で問われる覚悟

20%減免の5年維持という要望は通らなかった

酒税20%減免の5年間維持というオリオンビールの願いは叶わなかった(写真:オリオンビール)

会長みずから自民党幹部を説得に回るも、結局、要望は通らなかった――。沖縄県のビールメーカー・オリオンビールのことだ。

政府・与党の税制調査会は2021年12月上旬、沖縄県産の酒類にかかる税の軽減を段階的に縮小し、最終的に廃止することを2022年度税制改正大綱で決めた。税の減免措置を受けていた沖縄の泡盛業界とオリオンビールは半世紀も続く補助策から「卒業」することになる。

沖縄の酒税軽減策がスタートしたのは日本に復帰した1972年。主導したのは、後に「自民党税制調査会のドン」と呼ばれることになる山中貞則・初代沖縄開発庁長官。沖縄の産業基盤の弱さや消費者の所得を考慮し、5年間の時限措置として導入したものだった。しかし、特別措置は税制改正のたびに延長され、50年が経過した。

泡盛業界は自ら段階的縮小を提案

今回の税制改正論議の様子がいつもと違ったのは、泡盛業界が「単純延長」ではなく、「段階的に縮小し2032年5月を期限に廃止」という案を自ら内閣府に示したことによる。

泡盛(180ミリリットル)にかかる税は本土企業のそれが54円であるのに対し沖縄は19円安い35円、35%が減免されている。泡盛業界は年間出荷量に応じて業界を3グループにわけ、大きいグループについては段階的に軽減率を縮小し、10年後に全体で廃止する方向で決まった。

泡盛業界と内閣府が着地点に向けて順調に協議を進めたのに対し、最後まで抵抗したのがオリオンビールだった。ビール(350ミリリットル)にかかる税は、本土ビール企業の70円に比べ、オリオンビールは14円安い56円、20%が減免されている。

内閣府は2023年の半ばに15%へ下げ、全国でビール類(ビール、発泡酒、新ジャンル)の税率が統一される2026年10月をもってオリオンビール税率も本土にそろえる(軽減率を0%にする)案を示していた。

オリオンビールの要望書には20%減免の5年間維持が明記されていた(記者撮影)

ところがオリオンの嘉手苅義男会長は、内閣府の官僚が練り上げた案に最後まで首を縦に振らなかった。段階的縮小ではなく、20%減免の「5年間維持」を求めたのだ。

与党の税制論議が本格化した11月下旬、自民党本部には嘉手苅会長の姿があった。茂木敏充幹事長や宮沢洋一税制調査会長、他「インナー」と呼ばれる税調幹部らのもとを訪れ、オリオンの投資計画や要望を説明して回っていたのだ。

ビール工場の刷新や製缶工場設備など140億円規模の投資計画で雇用を生むこと。テーマパーク計画事業体に5億円出資して観光産業を支援すること。貧困家庭・シングルマザーの就業支援をすること。原材料に県産大麦を用いて農業支援することなど、オリオンが沖縄経済に貢献することを説いたうえで、税制の「配慮」を求めた。

次ページ税調の結論が出る直前まで奔走したが・・・
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT