9年ぶり公邸入居、岸田首相襲う「不吉なジンクス」 安倍氏と菅氏は回避、「幽霊が出る」うわさも

印刷
A
A
9年ぶりに首相が入居した公邸(写真:yukimi/PIXTA)

都内の盛り場にクリスマスの賑わいが戻る中、岸田文雄首相が12月11日から首相公邸住まいを始めたことが年末の永田町での格好の話題となっている。野田佳彦元首相以来9年ぶりの入居で、公邸入りを嫌った菅義偉、安倍晋三前元首相への当てつけとの声もあり、その政治的意図がさまざまな憶測を呼んでいるからだ。

旧官邸を改修して現在の公邸が完成したのは小泉純一郎内閣時代の2005年4月。ただ、小泉政権後に相次いで公邸に入居した6人の首相は、いずれも1年前後の「短命政権」に終わった。このため、岸田首相がこの「不吉なジンクス」を打ち破れるかどうかが話題になるのだ。

昔から「幽霊が出る」との噂が絶えず

現在の公邸となった旧官邸は、さまざまな政治的大事件の舞台となり、「二・二六事件」などで時の首相らが命を落とした場所でもある。このため、昔から「幽霊が出る」との噂が絶えず、歴代首相が入居をためらう理由ともされてきた。

就任2カ月あまりで入居に踏み切った岸田首相は、「危機管理」を最大の理由とし、負のジンクスや幽霊伝説については、「聞き流す力」で気にする素振りも見せていない。内閣支持率が就任時より上昇していることによる「強気と自信の表れ」(側近)との声も出る。

ただ、年末年始を控え、最大の不安要因であるコロナ新変異種オミクロン株の感染拡大が、日増しに現実味を帯び始めている。国民の不安をあおる感染拡大は内閣支持率低下に直結し、政権の命運も左右しかねない。

それだけに、公邸の不吉なジンクス打破へのカギは、政局運営より当面のコロナ対策の成否にかかっているのが実態だ。このためか、岸田首相は連日、「先手先手の感染防止策」の打ち出しに躍起となっている。

次ページ自らの意思で「職住一体」を決断
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT