「処分できない思い出の品」手放す最高の方法

好きなものを上手に残す「思い出ノート」の存在

なかなか手放せない思い出の品の数々……辛い気持ちにならずに、処分するにはどうしたらいいのか(写真:Fast&Slow/PIXTA)
コロナ禍で在宅時間も増え、家の中をすっきりさせたい!と片づけを始めた人も多いのでは。でも片付け始めると出てくるのが「処分したいけど、気持ち的に処分できないもの」。その解決法をミニマリスト7年目のおふみさんの著書『小さな暮らしは生きやすい』から一部抜粋・加筆してお届けします。

靴箱1つ分を「思い出ボックス」に

思い出のものって、手放しがたいですよね。いくら理屈で不要だとわかっていても、情が貼り付いているので手放せず、「頭ではわかっているけど行動を伴わせることができない」という状態になりがちです。

私は靴を買った時についてくる箱1つ分を「思い出ボックス」として、そこに収まる分だけの物量で思い出を残すことにしています。そこからあふれた分は写真に撮って思い出を残し、物としては手放すことにしています。

(イラスト:©おふみ)

ですが、思い出ボックスを用意して写真に撮影して、ということでは気持ちの整理がつかないものもあると思います。先日、お悩み相談で寄せられたのが、買い集めたレコードや、初めて買ったブランド品のお財布が手放せないという悩みでした。

共通するのが、購入するまでにも思い入れがあり、もう使っていなくても手放せないという点です。そこで提案したいのが「写真に撮ってノートに思い出を書き付ける」というもの。

次ページ思い出ノートで「ふんぎり」がついた
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT