2022年はいよいよ「深刻な危機」がやってきそうだ 株式市場が伝える「インフレ懸念」の「真実」とは?

✎ 1〜 ✎ 95 ✎ 96 ✎ 97 ✎ 最新
印刷
A
A

競馬である。

12月も後半。こんな時期に真面目に競馬をやっているのは、オーストラリアは南半球だから当たり前として、北半球では香港と日本だけだ。欧米はシーズンオフ。香港は温暖だから別にいいが、地球温暖化とはいえ、この厳寒期に競馬をやる、しかもエリート中のエリートが集まるレースをやる日本は異常だ。

さて、その香港では12日は「G1ウィーク」で、日本馬も多数参戦した。芝1200メートルで争われる「香港スプリント」は、ライブ中継を見ていたこともあり、自宅の洞窟で悲痛な叫びをあげてしまったし、もう思い出したくないが、福永祐一騎手もピクシーナイトも命には別条がなかったのが唯一の救いだが、2頭の馬は予後不良となった。痛ましい。

2021年のJRA年度代表馬は?

芝2000メートルの「香港カップ」は、ラヴズオンリーユーが、アメリカブリーダーズカップに続きG1で2連勝。これで同馬は海外G1で3勝目となり、一躍今年のJRA年度代表馬の有力候補となった。

実際、今年の年度代表馬は26日の有馬記念次第ではあるが、もめるだろう。皐月賞と天皇賞を制したエフフォーリアが勝てば、日本のG1で3勝、しかも3歳で古馬相手に2つG1を勝ったことになる。しかも、11月のジャパンカップに勝った3冠馬コントレイル(4歳)に完勝しているからこれが有力か。

もし、クロノジェネシス(5歳)が勝てば、国内では2戦2勝。しかも、その2戦が、春秋(冬だが)グランプリ完全制覇、しかも昨年に続き2年連続、ということはグランプリ4連勝ということで、こちらも有力。私個人としては、国内G1よりも海外遠征で3勝しているラヴズに投票したいところだ。

次ページ有馬記念の賞金はやっぱり高すぎる?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT