おせち料理も作れる!「魔法の調味料」は凄すぎだ 「時短✕極うま」は、おせち料理でも可能!

✎ 1〜 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 15 ✎ 最新
拡大
縮小

「かえし」を使って作れるもう1品は、「ブリの照り焼き」です。

【「かえし」を使ったおせち料理②】「ブリの照り焼き」

ブリの照り焼き(写真:kouta/PIXTA)
【材料】 
・ブリ(切り身)…2切れ 
かえし…大さじ1
・みりん…大さじ1
・米油…適量 
・ケシの実…適量
【作り方】
1. 50度のお湯にブリを入れ、取り出して水分をよくふき取る。
2. フライパンを熱し、十分温まったらいったん火を止め、油を入れてなじませる。ブリを並べ、中火からやや弱火で加熱する。
3. ブリの周りが白くなってきたら、ひっくり返し、さわらずにそのまま焼く。
4. キッチンペーパーでフライパンの余分な油をふき取り、かえしとみりんを合わせて加える。ブリをひっくり返し、火を止め、なじませる。
5. 仕上げにケシの実をふる。

おせち料理では「三の重」に、海老の塩焼きなどの「焼きもの」を入れるのが一般的ですが、「出世魚」のブリは冬が旬で脂がのっておいしいこともあり 、「立身出世」を願う意味も込めて、「ブリの照り焼き」はおせち料理にもよく使われます。男性にも人気が高い料理で、ケシの実をふると、お正月らしい華やかな雰囲気に仕上がります。

50度のお湯で洗う下処理方法は、魚の臭みやぬめりなどを取り除くのに効果的です。衛生面に配慮し、必ず温度計で正確に測りましょう。

「魚や肉を焼くときの失敗」としてよく聞くのは、「フライパンにくっついてしまう」ことです。

それを防ぐためには、フライパンをしっかり予熱することと、十分に火が通ってから(ブリの周りが白くなった状態で)ひっくり返すことが大事です。フライ返しは、薄いもののほうがひっくり返しやすいでしょう。

いったん火を止めてからブリを加えるのは、高温で油が酸化するのを防ぐためです。

雑味なく仕上げるために、味付けの前にフライパンの余分な油を必ず取り除きます。魚を焼いたときに出る油には、臭みやアクが含まれているためです。

これらのポイントを押さえれば、失敗なく、美味しく仕上がります。

次ページ「甘酢」を使ったおせちは?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT