ロケットがなぜ飛べるか「科学絵本」が伝える本質

揚力や推力を生み出す仕組みをわかりやすく解説

宇宙に出る方法を子どもにもわかりやすくイラストで示すと?(出所)『ロケットかがく for babies (Baby University)』(サンマーク出版)
2021年7月11日、アメリカの宇宙関連企業ヴァージン・ギャラクティックが有人試験飛行を成功させ、次いでアマゾンの創業者ジェフ・ベゾス氏が設立したブルーオリジンも有人試験飛行を成功させた。また12月12日には、日本人民間宇宙飛行士としては初めて実業家の前澤友作氏がISS(国際宇宙ステーション)に渡航し滞在を始めた。
費用がかなり高額ゆえ一部の富裕層しか「宇宙に行く」を実現できていないが、宇宙旅行の可能性が広がったことをビジネスチャンスと捉える大人だけでなく、子どもたちの宇宙への関心も今後さらに高まることが予想される。
こうした背景もあり、アメリカでシリーズ100万部を突破した科学絵本のなかでも人気の高い『ROCKET SCIENCE for babies』が『ロケットかがく for babies』として邦訳・出版された。その内容について、本書の訳者であり、NASAジェット推進研究所技術者である小野雅裕氏の解説を加筆・改変し、お伝えする。

赤ちゃんにも物理法則を伝えやすいのはボール?

他の多くの技術と同じように、飛行機やロケットも子どもの夢から生まれました。

ライト兄弟は幼少期に父から与えられたおもちゃのヘリコプターに夢中でしたし「ロケットの父」と呼ばれるロバート・ゴダードは少年時代にSF小説を読み耽り、火星に行く船をつくることを夢見ました。本書には、ライト兄弟やゴダードが実現させた「揚力」や「推力」を生み出すしくみが、直感的かつエレガントに説明されています。

まず、冒頭に宙に浮いたボールが登場します。これは丸い形が乳幼児にも認識しやすく、変形させることで揚力が生まれるしくみを伝えやすくなるからです。次に、そのボールがまっすぐ動き出しますが、まわりにある空気はボールといっしょには動かないため、ボールにぶつかって避けていきます。身近な形であるボールに、目に見えない空気がどのように働くかを視覚的に示したわけです。

次ページ「揚力」が生まれる仕組みをイラストで説明
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT