韓国発「悪魔的なパン」が日本人を魅了する必然

単なるマリトッツォの後釜ではないマヌルパン

ベーカリーチェーン、サンジェルマンのマヌルパン(撮影:梅谷 秀司)

韓国の屋台で大人気のマヌルパンが、巷で話題を呼んでいる。「マヌル」とは韓国語でニンニクのこと。丸いパンに、クリームチーズを挟みニンニクを効かせた、甘じょっぱさが魅力の総菜パンだ。

このパンを10月6日に横浜店で限定販売を始め、11月1日から55店で販売を開始したのが、ベーカリーチェーンのサンジェルマン。11月は当初の見込みの2倍、11月の新商品で最も人気という好調な売れ行きだ。

「マヌルパン」どんな味なのか

同社のマヌルパンは、表面はカリッとしていて、ニンニクの香りとクリームチーズの甘じょっぱさが、いい感じのコンビネーションになっている。意外にニンニクがきつくないのは、数種類の油脂を組み合わせ、マイルド目に仕上げているから。

1個260円(税務き)と少し高めだが、「女性のお客様が『話題のマヌルパンを売っている!』と、買っていかれます。1970年から続くブランドなので比較的高年齢層のお客様が多いのですが、マヌルパンについては30~40代の方も買ってくださいます」と同社の広報担当の浅野雄太氏。

プロモーションは、インスタグラムで発信するほかは、「悪魔的なおいしさ」とうたうポスターを掲示、窓際の目立つ場所にパンを陳列する、店員の飛沫が客にかからないよう注意しつつ、「マヌルパンいかがですか」と呼びかけるといった店頭展開のみ。それでも売れ行きが好調なのは、テレビなどのメディアやSNSで話題になっているにもかかわらず、まだ売っている店が限られていることも大きいようだ。

次ページブームの火付け役となったのは?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT