「新型レヴォーグ2.4L」乗ってわかった鋭い実力

痛快さとゆとりを兼ね備える走りを高次元で実現

「年々厳しさを増す環境問題への対応はとても難しく、われわれは市販車へのEJ20型の搭載を終了しました。この先、スポーツモデルの継続販売にはこれまでにない知恵と努力が必要ですが、スバルはあきらめません!」

こう断言するのは、WRX S4やレヴォーグの開発責任者である五島賢氏(スバル)だ。

WRX S4やレヴォーグの開発責任者である五島賢氏(筆者撮影)

五島氏は今回、WRXが魅了し続けてきた痛快な走りと、ステーションワゴンに求められるゆとりの走り。これを2.4Lの豊かなトルクと、新たなCVTで表現した。

確かに、カタログ上の燃費数値だけを切り取って環境性能の善し悪しを判断するのであれば、2.4Lは1.8Lよりも確実に劣る。ただ、トルクを活かした走りは、高速道路を使った長距離移動の際など、思いのほか燃費数値にも好影響を及ぼす。これも事実だ。

水と油に思えるスポーツカーとステーションワゴンのパワーユニット。だが、スバルはかねてこうした組み合わせにチャレンジしてきた。

新型レヴォーグ2.4Lは現代版GT-Bだ!

今や販売車種が限られるステーションワゴンだが、1990年代の爆発的なブームを知る読者も多いことだろう。1989年に登場した初代「レガシィ・ツーリングワゴン」は当時流行の兆しをみせたアウトドアブームに乗り、ステーションワゴンの認知度を一気に押し上げた。

続く2代目では、280PS(ツインターボ仕様のEJ20型)にビルシュタインダンパーを組み合わせたスポーツグレード「GT-B」が大いに支持された。同じくEJ20型(シングルターボ仕様)を搭載する「インプレッサ・スポーツワゴン」に続くスポーツワゴンとして擁立したことで、その後のスバルの立ち位置を明確にした。

レヴォーグの2.4Lエンジン搭載モデルであるSTI Sport RとSTI Sport R EXは、そのスポーツ性だけを切り取れば現代版GT-Bとも言える。

またこの2.4Lエンジンは、時代が求める厳しい環境性能に配慮しながら、スポーツモデル(WRX S4)でもステーションワゴン(レヴォーグ)でも、そしてSUV(北米市場のアセント)としても成立するマルチな性能を持つパワーユニットとして生み出された。次なるは水平対向エンジンと電動化の組み合わせだ。スバルがどう立ち向かうのか見守っていきたい。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT