アメリカのインフレはどれくらい深刻なのか

FRB議長続投でも交代でもインフレは高進?

最後はおなじみ、競馬コーナーだ。この週末(21日)はマイルチャンピオンシップ(マイルCS、阪神競馬場第11R、距離1600メートル、G1)が行われる。

同レースは2強対決。マイルの女王グランアレグリアと、新進気鋭の3歳馬シュネルマイスターが激突する。さて、どちらを取るべきか。

マイルCSの本命は「あの3歳馬」、伏兵に注意

6月に行われた同じマイル戦の安田記念(G1)では、グランアレグリアが2着で、シュネルマイスターを半馬身差でかわした。しかし、このときはダノンキングリーの復活の前にトップの座を譲っている。

シュネルマイスターは10月の毎日王冠(G2)で、このダノンキングリーを「頭差」で差し切った。ということは、3歳馬がこの夏に大いなる成長を遂げている公算が高い。

逆に、5歳馬のグランアレグリアはさすがにピークを過ぎたのではないか。秋の天皇賞ではエフフォーリア、コントレイルに続く3着となったが、そこから「中2週」の強行軍という点も割引材料となる。安田記念もその前のヴィクトリアマイル(G1)から中2週の日程だったが、彼女には少々キツイ日程のように思える。ここはシュネルマイスターを本命としたい。

伏兵としては、いかにも何かやらかしそうなのが、同じ3歳馬のダノンザキッドだ。皐月賞で大敗したあと、久々の富士ステークス(G3)を叩きに使って、アメリカでブリーダーズカップを勝った川田将雅騎手が帰国後の自己隔離期間明けで乗るという点が、いかにもドラマチックではないか。

最後に、マイル戦ではいつも頼りにしている6歳馬、インディチャンプを押さえておこう。先週のエリザベス女王杯、3強がそろって馬群に沈み、10番人気のアカイイトが金星を挙げてファンを仰天させた。今週は「ほどほどの波乱」を予感している。

(当記事は「会社四季報オンライン」にも掲載しています)

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT