エヴァの次は999「シンカリオン」コラボへの執念

制作者たちが語る「絶対聞けないウラ話」が満載

シンカリオンが不思議なところは、ファン層が重なる子ども向けアニメではなく、銀河鉄道999、エヴァンゲリオン、ゴジラと、歴史ある大作とコラボを重ねていくところだ。

「鉄道最前線」の記事はツイッターでも配信中!最新情報から最近の話題に関連した記事まで紹介します。フォローはこちらから

「まず事情や都合が子どもたちに見えないコラボにしたいのです。そして我々親世代が慣れ親しんできたアニメとコラボすることによって、親子の会話につながることを狙っています」と鈴木氏はいう。

エヴァンゲリオンと繰り返しコラボをし、メーテルをレギュラーの座に置く。コラボキャラクターを一過性のものとして消費せず、尊敬の念を持って大先輩キャラクターと競演しているシンカリオンチームの信念がうかがえる。

「そんな大先輩の方々がシンカリオンの世界に歩み寄ってくれるのが本当に光栄です」という鈴木氏に、その理由はどこにあるのか聞いてみた。

「それはシンカリオンの力……と言えたらいいのですが、僕は新幹線の力だと思っています。新幹線の魅力が道を拓いてくれているのだと」

新幹線は特別な存在

清水氏が話をつないでくれた。「新幹線はやっぱり特別です。先日、久しぶりに関西への出張があって東京駅から新幹線に乗ったのですが、座席に座った瞬間、胸がジーンと熱くなってしまいました」

リニア・鉄道館が気になる碇ゲンドウ。やっぱり新幹線は特別です(©プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所Z・TX ©カラー)

新幹線にはちょうどいい異世界感がある。日常の中での非日常のような異世界感が、ファンタジーの世界にはよく似合う。

お互いに存在を認め合い、感謝し、そして相乗効果に確かな感触を感じる。これこそが幸せなコラボではないだろうか。

そんな幸せな感覚をまとっているシンカリオンだからこそ、皆から愛されるのだろう。これからも親世代をニヤリとさせるコラボで、名作のアニメキャラを子どもたちに伝えてくれるハブステーションであってほしいと願うのである。

関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT