エヴァの次は999「シンカリオン」コラボへの執念

制作者たちが語る「絶対聞けないウラ話」が満載

シンカリオンの世界に銀河鉄道999のメーテルがやってきた(©プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所Z・TX ©松本零士・東映アニメーション)

3度目の『エヴァンゲリオン』シリーズとのコラボも記憶に新しい『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』が今度は『銀河鉄道999』のメーテルをレギュラーとして迎えるという新しい奇跡を起こしてくれた。

この記事の画像を見る(8枚)

9月10日に放送されたエヴァとのコラボ回のエンディングに、演歌「津軽海峡・冬景色」をBGMとして現れた少女に「もしや?」と感じた人は少なくなかったはずだ。

その少女は面差しも衣装も、松本零士氏が描く銀河鉄道999のメーテルに酷似していた。その夜から「なぜシンカリオンZにメーテル?」とSNS を騒然とさせたまま、謎の少女の行方は杳として知れなくなっていた。しかし11月5日の放送で遠野の地にメーテルの影をちらほらと感じ始め、とうとう19日、謎の少女「月野メーテル」のベールがはがされる。

月野メーテルは「シンカリオンZ H5はやぶさ」の運転士という設定だ。なぜ、メーテルが登場するのか、その理由についてシンカリオンのプロデューサーであるジェイアール東日本企画コンテンツビジネス局の鈴木寿広氏と999の版権を管理する東映アニメーションの清水慎治顧問と版権事業本部の高橋陽史氏に話を聞いてみた。

メーテル初登場シーンの謎

まずはインパクトの強かったメーテル登場シーンについて鈴木氏に聞いてみた。なぜ竜飛岬で、なぜ津軽海峡・冬景色だったのか。

「なぜ津軽海峡・冬景色なのかといえば、メーテルはシンカリオンZ H5の運転士として北海道支部に所属しているため構成上、最初の登場予定地が函館だったのです。函館といえば青函トンネルなので「上野発の夜行列車」、そして『津軽海峡・冬景色』だったら「ごらんあれが竜飛岬、北のはずれと」というわけで竜飛岬にしよう……という連想ゲームで作ったシーンなのです」

さすがいつも通り、発想の連鎖を楽しんでいるシンカリオンZチームだ。

そしてやはり聞きたいのは銀河鉄道999のメーテルとコラボをすることになった経緯である。そこは清水氏が教えてくれた。

次ページすでに行われていた999とのコラボ
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT