病気になりやすい「性格」 5万人調査からの報告 辻一郎著

病気になりやすい「性格」 5万人調査からの報告 辻一郎著

同じだけタバコを吸っていても肺がんになる人もいれば、ならない人もいる。この個人差はどうして生じるのか。要因の一つは遺伝、そしてもう一つは「ストレス」をどう受け止めるかである。

「こころ」のストレスが「からだ」に伝わると、自律神経や免疫機能に変化が生じるため病気が起こりやすくなる。だが、ストレスをからだに伝えやすい人もいれば、それほどでもない人がいる。つまりこれが「性格」の違いであり、ここから病気になりやすい性格が生じる、と生活習慣病の成因解明や老化予防を研究する著者は指摘する。

著者の研究室で行った5万人調査の結果や国内外の研究成果によって、性格と病気の関係性が裏付けられる。

朝日新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。