病気になりやすい「性格」 5万人調査からの報告 辻一郎著

病気になりやすい「性格」 5万人調査からの報告 辻一郎著

同じだけタバコを吸っていても肺がんになる人もいれば、ならない人もいる。この個人差はどうして生じるのか。要因の一つは遺伝、そしてもう一つは「ストレス」をどう受け止めるかである。

「こころ」のストレスが「からだ」に伝わると、自律神経や免疫機能に変化が生じるため病気が起こりやすくなる。だが、ストレスをからだに伝えやすい人もいれば、それほどでもない人がいる。つまりこれが「性格」の違いであり、ここから病気になりやすい性格が生じる、と生活習慣病の成因解明や老化予防を研究する著者は指摘する。

著者の研究室で行った5万人調査の結果や国内外の研究成果によって、性格と病気の関係性が裏付けられる。

朝日新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT