6年前の父に「今の私」伝えた彼女の時空超えた旅 小説「さよならも言えないうちに」第4話全公開(3)

印刷
A
A

「親だからな、悪態つかれたってなんだって、子供が元気ならそれでいい。それだけでいいんだ」

「お父さん」

路子の目から大粒の涙がこぼれた。

賢吾はそんな路子を見て、あからさまな苦笑いを見せる。

娘の涙にどう対処すればいいのかわからないのだ。

不意に、

「あ、これ……」

と、路子の視線から逃げるようにウエストポーチに手をかけると、中から何かを取り出して路子の前に差し出した。

「お前が結婚する時になったら渡そうと思って、貯めてたんだ」

それは、預金通帳と印鑑だった。

「ちょうど、よかった」

賢吾はそう言って、ニッコリほほえんだ。

「お父さん……」

ピピピピ、ピピピピ……

アラームが鳴った。

「あ……」

路子が思わず声を上げると、幼顔の数と目があった。

数は何も言わない。

でも、

(時間です)

と、ゆっくりと頷(うなず)いてみせた。

「いいんだよ、幸せになって」

「お父さん、私……」

「いいんだよ、幸せになって。父さんの楽しみなんて、それくらいしかないんだから……」

優しい顔だった。

きっと父は、私が生まれた時もこんな顔をしていたに違いない。

ピピピピ、ピピピピ……

「ちょっと、トイレ……」

アラームが鳴ったのをいいことに、賢吾は席を立った。

照れくさそうに顔をくしゃくしゃにしている。

「お父さん!」

トイレに向かう賢吾を路子は思わず呼び止めた。これが最後の別れになるかもしれない。まだまだ、言いたいことはたくさんあるのに。

「……ん?」

振り向く賢吾。

「私」

路子は溢(あふ)れる涙を拭い、

「お父さんの娘でよかった」

と、必死に笑顔を作ってみせた。もしかしたら引きつっているかもしれないし、うまく笑えなかったかもしれない。それでも、父を笑顔で見送りたかった。父がわざわざ私の大好きなたこ焼きを持ってきたのも、きっと、私を喜ばせようと、笑顔を見たいと思ったからだ。

だから……。

(最後にお父さんが見た私の姿が笑顔でありますように……)

そう心から願った。

「ありがと」

突然何を言い出すのかと、呆然(ぼうぜん)と路子の顔を見つめていた賢吾であったが、

「ああ」

と、答えると洟(はな)をすすりあげながらトイレへと消えた。

賢吾の姿が見えなくなると、路子は一気にコーヒーを飲みほした。その瞬間、体がフワリと軽くなる。周りの景色が上から下へと流れ出す。

(戻るんだ。父のいない現実へ)

まぶたの裏に賢吾の嬉(うれ)しそうにほほえむ顔が焼きついている。

父を笑顔にできた。

よかった。

路子はゆっくりと目を閉じた。

次ページ「私、この人と幸せになりたいと思います」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT