6年前の父に「今の私」伝えた彼女の時空超えた旅 小説「さよならも言えないうちに」第4話全公開(3)

印刷
A
A

あの日、路子は「呼び出しといて遅れるとか信じられないんだけど?」とすごんで見せた。その時の賢吾の表情もはっきり覚えている。申し訳なさそうに顔をゆがめて「すまん」とつぶやいた。

(なんであんなひどい言い方しかできなかったんだろう?)

「ここ、いいか?」

賢吾が路子の向かいの席に手をかける。

「もちろん」

席に腰を下ろすと、賢吾が目を丸くして路子の顔を覗き込んだ。

「なに?」

「少し見ない間に、ずいぶん大人になったなと思って……」

賢吾が照れくさそうにはにかむ。

六年という時間の隔たり。賢吾は今、二十五歳の路子を見ているのだから驚くのも無理はない。

「そ、そうかな?」

答えながら、賢吾の顔に深く刻まれたしわ、頭髪にかすかに交じる白髪が目に留まった。

いつの間にこんなに年を取ってしまっていたのか?

当時の自分が父の顔をまともに見ていなかったことに愕然(がくぜん)とする。でも賢吾はそんな路子の戸惑いなど知る由もない。

「いらっしゃいませ」

幼顔(おさながお)の数が、お冷やを出す。

「コーヒー」

「かしこまりました」

賢吾の注文を受けると数はキッチンに消えた。

ごめんなさい

沈黙。

言葉が見つからない。何を話せばいいのか? 賢吾の目を見ると熱いものがこみあげてくる。思いとは裏腹に目をそらしてしまい、それがまた気まずい空気を作りだす。無視していると思われたくはない。

(ごめんなさい)

何度も呑み込んだはずのこの言葉が口から出そうになった。その時だった。

「悪かったな」

先に切り出したのは賢吾だった。

「何が?」

路子には賢吾がなぜ謝っているのか見当もつかなかった。謝りたいのは自分である。

「大学にまで連絡して」

激高した自分の姿を思い出す。そんなことを気にする父だとは思わなかった。

「あ、ううん、私のほうこそ、全然連絡してなかったし……」

こわばっていた賢吾の表情が少しだけ緩んだように見える。母親が亡くなってから、路子は何かにつけて賢吾に反抗し、喧嘩(けんか)になることが多かった。賢吾にしてみれば、また喧嘩になると覚悟していたのかもしれない。

「あ、これ……」

思い出したように、賢吾は手に持っていた紙袋をテーブルの上に置き、

「お前が好きだったから」

と言って、中から小さな包みを取り出した。

「もう、冷めちまったけど……」

包みの中身はわかっている。路子の好きなたこ焼きだ。子供の頃、母親がよく買ってきてくれた、地元閖上のたこ焼き。歯応えのある串団子のようなたこ焼き。路子はこれさえあればいつでも笑顔になった。

次ページ「今ならわかる」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT