6年前の父に「今の私」伝えた彼女の時空超えた旅 小説「さよならも言えないうちに」第4話全公開(3)

印刷
A
A

思い出した。

この表情。

母が亡くなる前から、亡くなってからも、ずっとずっと賢吾が路子に向けていた、路子がずっと見てきた表情だった。賢吾は何も変わらなかった。ただ、あの日までの路子の目には、怒っているようにしか見えなかったのだ。

「宿題をやれ」

「早く寝ろ」

「遅くまで遊んでるんじゃない」

「友達は選べ」

「その服はやめろ」

あれはだめだ。これは許さない。どの時も……。同じ表情で、同じ思いで、路子のことを見ていた。高圧的に見えたのは路子の目が曇っていたのだ。父のことを疎ましく感じていた心が曇っていただけだった。

「あ、えっと」

そんなことにも気づけずにいたなんて……。

「実は……」

(祐介のことを話そう。お父さんは戸惑うかもしれない。でも、言うなら、今しかない)

「子供が、できたんだ」

「お父さん、私ね……」

「ん?」

「子供が、できたんだ」

路子は目を伏せたまま、カップの中で揺れるコーヒーだけを見ていた。

賢吾がどんな表情をしているかはわからない。ただ、賢吾の呼吸、息を吸って、吐く音だけがやたらと大きく聞こえる。

(怒られるかもしれない)

そんな思いが頭をよぎる。父の立場に立ってみれば当然かもしれない。今の路子は二十五歳。だが、賢吾にしてみれば田舎から東京へ送り出して、わずか一年弱。二十歳前の娘からの告白である。

「結婚しようって言われてて……」

それでも、ちゃんと伝えておこう。今の私を。

もう二度と会えないのだから……。

路子が顔をあげると、賢吾はなんとも寂しそうな目をしていた。

親元を離れ、巣立つ娘。

もしかしたら、路子を東京に送り出した時から、賢吾はそんな日が遠くないことを予感していたのかもしれない。

「そっか」

苦みのある、弱々しい返事だった。

笑おうとしているのに、眉間のしわがさらに険しくなり、怒っているようにも見える。

だが、路子が聞いてほしかったのはそのことではなかった。

「でも、怖いの」

手の震えが止まらない。

「私なんかが幸せになっていいのかな? 私、お父さんにひどいことばっかり言ってきたし、言っちゃったし……。お父さんが私のこと、ずっとずっと心配してくれてたのに、全然気づかなくて、無視して勝手なことばかり言って……」

(お父さんを追い返してしまった)

私があの時、お父さんを追い返したりしなかったら、お父さんは死なずにすんだかもしれないのに。自分のことしか考えていなかった。

「それなのに」

「いいんだよ」

賢吾が路子の言葉を遮る。

次ページ「子供が元気ならそれでいい」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT