世界的電力危機で米石炭価格2009年以来の高値に 石炭価格の急伸で消費者物価上昇に拍車掛かる

拡大
縮小

世界的な電力危機による一般炭需要の拡大を受け、米国の石炭価格は約12年ぶりの高値に上昇した。

S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスが15日発表したデータによると、中央アパラチア産石炭の価格は先週10ドル余り上昇し、1トン=89.75ドルとなった。これは、米国からの石炭輸出急増で価格が急騰した2009年以来の高値となる。

天然ガス価格も上がる中、石炭価格上昇で今冬の米消費者のエネルギー代負担が増すのはほぼ確実とみられる。デューク・エナジーやエクセル・エナジーなどの電力大手は、暖房シーズンの料金が1カ月当たり約11ドル(約1300円)上がる可能性があると顧客に伝えている。米国ではすでに食品や住宅、自動車などの値上がりで消費者物価指数(CPI)が1990年以来の高い伸びとなっており、エネルギー価格上昇でこれに拍車が掛かることになる。

中央アパラチア産石炭の価格出所:S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンス
次ページCOP26、石炭火力「段階的削減」で合意
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT