JR特急料金、割引なしでも「45%安く」できる方法

各社で違う料金区分の仕組みを活用してお得に

例えば乗車する距離が75kmの場合、通常なら100kmまでの特急料金1150円となるが、50km(630円)+25km(320円)の2分割にすれば950円で、200円安くなる。

この方法でとくに安くなるのはグリーン車だ。200kmまでの料金は2800円なのに対し、100kmまでは1300円と半額以下なので、分割購入によって特急料金とグリーン料金がダブルでお得だ。

ただ、このJR北海道独自の特急料金は150kmまでが対象で、それ以上は通常のJR共通A特急料金が適用される。150km以上の場合は安くなってもごく一部で100円安くなるかどうかというレベルのため、主に51~125kmまでの短距離利用の時に使える手である。その代表例をご紹介する。

■特急「北斗」「スーパー北斗」函館―長万部間(112.3km)
【通しの場合】自由席1830円、グリーン車4630円

【分割した場合】自由席
・函館―新函館北斗間17.9km:320円
・新函館北斗―長万部間94.4km:1150円
合計1470円(360円・20%お得)
【分割した場合】グリーン車
・函館―新函館北斗間:指定席特急料金850円+グリーン料金1300円-530円=1620円
・新函館北斗―長万部間:指定席特急料金1680円+グリーン料金1300円-530円=2450円
合計4070円(560円・12%お得)
(※グリーン車の場合は座席の指定を受けるが、指定席料金530円は免除される)

函館―長万部間でこの方法を実践する場合、新幹線からの乗り継ぎ客で席が埋まっていることもありうるので、新函館北斗―長万部間の座席を先に購入するのをおすすめする。もっとも、筆者なら函館―新函館北斗間は「はこだてライナー」を使い、新函館北斗―長万部間だけ特急券・グリーン券を購入して2450円で済ませるだろう。全区間通しで乗る場合の指定席特急料金+90円と乗り換え待ちの手間だけでグリーン車に乗れるのだから。

■函館本線・札幌―深川間(106.6km)の各特急列車
【通しの場合】自由席1830円、グリーン車4630円

【分割した場合】自由席
・札幌―滝川間83.5km:1150円
・滝川―深川間23.1km:320円
合計1470円(360円・20%お得)
【分割した場合】グリーン車
・札幌―滝川間:指定席特急料金1680円+グリーン料金1300円-530円=2450円
・滝川―深川間:指定席特急料金850円+グリーン料金1300円-530円=1620円
合計4070円(560円・12%お得)
(※グリーン車の場合は座席の指定を受けるが、指定席料金530円は免除される)

JR東海も独自の特急料金区分が

JR東海にも30kmまでの独自の特急料金区分がある。また、50kmまでの料金が通常より安いケースもある。これは身延線全線、飯田線(豊橋―飯田間)、中央線(多治見―塩尻間)、関西本線・紀勢本線(名古屋―新宮間)、高山本線(岐阜―猪谷間)で適用される。

これは区間分割購入に有効な料金設定だ。うまく組み合わせれば60kmまで、80kmまで、90kmまで、110kmまで、130kmまで、140kmまで、160kmまでという料金区分を作ることができる!

次ページうまく使うと45%安くなるケースが
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 病やがんと向き合う心のつくり方
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT