大人の女性には「洋服よりも先端」が重要なワケ

スタイリスト山本あきこさんに聞くテクニック

50歳前後は体形や髪質、肌質が変わって今までの服が似合わなくなってくる。「予約の取れないスタイリスト」山本あきこさんに着こなしのコツを教えてもらいました(写真:週刊女性PRIME)
この記事の画像を見る(6枚)

おしゃれが楽しい秋の到来。でも“クローゼットにはたくさん服があるのに、着たい服、似合う服が少ない”そう感じる人も多いのでは。

50歳前後は体形や髪質、肌質が変わって今までの服が急激に似合わなくなってくる時期。そこで、これまでに1万人以上にスタイリングのアドバイスをしてきた「予約の取れないスタイリスト」山本あきこさんに、劇的におしゃれ見えするコツを伝授してもらいました。

服よりまず「先端」

人気スタイリスト山本あきこさんに50代からのおしゃれで注目すべき点を問うと、

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

「大人の女性に気を配ってほしいのは、服よりまず先端!」と即答。先端とは、足元、手の指や爪、顔といった身体の先っぽのこと。この部分を整えるだけで、おしゃれ度がぜんぜん変わってくる!と山本さんは力説します。

「秋冬になると、深めな色を着るようになりますよね。そうすると、どうしても顔色が沈んで見え、全体的に老けて見えがちに。そこで、提案したいのが先端に“ツヤ”を足すこと! 黒っぽい服を着たら、小さくてもいいので、テリのあるピアスやネックレスなどをつけましょう」

先端の中でも足元のおしゃれはとても重要。

「新しい洋服を買っても、生かすも殺すも足元次第。服以上に靴には気を配りたいもの。先端がシャープな形を選ぶと足がきれいに見え、着こなしも洗練されて見えます」

先端に気を配ったら、プラスして流行アイテムをスパイス感覚で取り入れてほしい、と山本さん。

次ページいつもの服が見違えるテクニック
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT