アップルは中国市場でいつまで無傷でいられるか

習主席の締め付けの輪はせばまりつつある

中国は1年足らずの間に世界最大のインターネット空間をひっくり返した。ネット業界で中国最大級のアリババグループとテンセント・ホールディングス(騰訊)は規制の嵐に巻き込まれデータとコンテンツに対する影響力を弱めた。

中国は「iPhone(アイフォーン)」最大級の買い手

米アップルは今のところほぼ無傷だ。だが、それも変わるかもしれない。中国の習近平国家主席は大手テクノロジー企業に対する広範な締め付けを続けており、競争を妨げているとして、ソーシャルメディア「微信(ウィーチャット)」のようなプラットフォームを取り囲むデジタルの壁を解体するよう指示。中国の最高裁に当たる最高人民法院は先月、市場での支配力乱用の有無を巡りアップルを訴える権利を消費者に事実上与えた。 

北京の「アップルストア」(8月)写真家:Qilai Shen / Bloomberg

アップルの時価総額2兆4000億ドル(約272兆円)の大きな部分を支えているのが、「iPhone(アイフォーン)」最大級の買い手である中国だが、習主席の取り組みはアップルが中国で培ってきた微妙なバランスを脅かしている。米アルファベットのグーグルや米フェイスブックは、中国市場から締め出されており、アップルは中国で最も稼ぐ米企業の1社だ。

中国当局はこれまで自国の大手テクノロジー企業の影響力を弱めることに焦点を絞ってきた。習主席が総書記として率いる中国共産党を長期的に脅かす強大な影響力をこうした企業が持ちつつあると恐れたからだ。だが党最高幹部が米国の利益を追うことをためらっているということは決してなく、米中間の緊張も高まっている。

次ページアップルにアプリ市場運営方法の変更命じる
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT