「知事・市長の月給が高い自治体」全国トップ500

1788自治体の平均とトップとの差は約2倍

ランキングで上位に入ることが多い横浜市の順位は?(写真:時事)

コロナ禍への対応の差が浮き彫りになり、全国の自治体の首長に対する注目度が高まっている。住民による直接選挙で選ばれる都道府県や市町村のトップには、全国の自治体の首長予算・条例等の議案の提出や議会の解散など、地方自治体の首長には大きな権限が与えられている。一国一城の主である彼、彼女らの責任は大きいが、ではその対価としていくら報酬をもらっているのか。

東洋経済では、総務省が発表している「地方公務員給与実態調査」(2020年度)に基づき、地方自治体の首長(都道府県知事・市区町村長)の月額給与ランキングを作成。今回は、同調査で知事の給与月額が開示されていた1788自治体の中から、「首長の給与が高い500自治体」を発表する。

総務省が公表する最新データの調査時点は2020年4月現在であること、ランキング表で示す月額給与に各種手当は含まれないことに留意されたい。

トップの月額給与は159万円

1位は横浜市長の159万円。ただし前述のとおり、本ランキングのデータは2020年4月1日時点のものであり、当時は3期12年にわたり市長を務めた林文子氏が在任中だった。現職市長は8月の市長選でカジノを含む統合型リゾートの誘致反対を掲げ、初当選した山中竹春氏が務めている。

2位は神奈川県知事の145万円で、現職知事は黒岩祐治氏だ。フジテレビのキャスターなどを経て、2011年4月に神奈川県知事に就任している。2019年4月の統一地方選挙でも当選し現在3期目。「コミュニティ再生で笑いあふれる100歳時代」をスローガンに神奈川県の健康長寿社会実現を目指している。

1788自治体の首長の月額給与の平均は約80万。1位の横浜市長は平均の2倍近い給与水準となった。また、上位には都道府県知事や大都市の市区長が並ぶ結果となっている。

次ページまずは1〜50位
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT