カローラクロス対ヴェゼル、最新SUVを徹底比較

若干クラスは異なるが、価格ではライバル関係

カローラクロスの走行イメージ(写真:トヨタ自動車)

例えば、カローラクロスの場合、前述のパノラマルーフや、手を使わずにリアゲートを開けられる‪ハンズフリーパワーバックドア‬は、いずれもZとSにオプション設定されており、税込価格はどちらも11万円。両方を装備すると計22万円となる。一方、ヴェゼルでは、パノラマルーフはe:HEVプレイのみ装着できるが標準装備(他グレードは設定なし)、ハンズフリーのリアゲートもe:HEV Zとe:HEVプレイに標準で装備される。そう考えると、カローラクロスは、オプションを追加していけば、ヴェゼルとの価格差は意外に小さくなり、装備次第では価格があまり変わらなくなるケースも考えられる。


ただし、購入総額にさほど差がないのであれば、室内や荷室の広さなど高い実用性を持つカローラクロスにユーザーが流れる可能性は十分にありうる。また、ある程度高い年齢層には、歴史と信頼性を誇る「カローラ」シリーズに属するというブランド力も、大きな訴求ポイントになるだろう。

2台とも納期が長いのが悩みどころ

ヴェゼルの走行イメージ(写真:本田技研工業)

日本自動車販売協会連合会が発表している登録車の新車販売台数によると、現行のヴェゼルは、2021年4月の発売から同年9月までの期間で、つねに上位10位以内をキープし、6カ月で2万9346台(月平均4891台)を販売している。先代モデルほどの勢いはないが、堅実に売り上げを伸ばしてきているのは確かだ。今後、カローラクロスの登場で、ヴェゼルの売り上げにどのような影響がでるのかが注目される。

なお、SNSなどによれば、カローラクロスについては、8月末頃から受注が開始されており、すでに注文を入れたユーザーもかなりいるようだ。ただし、納期は9月末のオーダーで4~6カ月後、登録は早くても2022年1月以降になるようだ。とくにハイブリッド車の納期は長めで、すでに注文は入れたが納期が決まっていないというユーザーもいるという。納期が長くなっている要因には、東南アジアにおけるコロナウイルスの影響拡大などによる部品供給不足がある。発売されたばかりのカローラクロスに、これがどう影響するのかも気になるところだ。ただし、納期遅れはヴェゼルも同様なので、条件はほぼ五分といったところだろう。いずれにしろ、SUV市場の熾烈なシェア争いは、今後もしばらく続くことだけは確かだ。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT