新幹線の「永遠の好敵手」、フランスTGV40年の軌跡 国際列車網に発展、最高時速574kmの記録も

印刷
A
A

路線の考え方も新幹線とは異なる。在来線とは別の新線を全線にわたって敷設した新幹線(フル規格)に対し、TGVは郊外に「高速専用線」(LGV)を造る一方、在来線に乗り入れて柔軟な運行を行い、都心のターミナル駅などは従来の施設を共用している。これが可能なのは、そもそも欧州の鉄道が高速新線も在来線も標準軌(1435mm)であるためだ。

TGVは車体間に台車のある「連接車」だ(筆者撮影)

LGVは貨物列車を運行しない高速旅客列車専用としたことで、最急勾配35‰ときつい上り坂を許容。トンネルや橋梁の建設を最小限に抑えた。最初にTGVが走った「LGV南東線」(273km)にトンネルは1カ所もない。

1981年以降、高速専用線LGVの敷設は着々と進んだ。1989年9月にはパリからフランス西部に向かう「LGV大西洋線」が部分開業、翌年にはトゥールまでの全線180kmがつながった。同線には銀色に青帯の新型車両「TGV Atlantique(アトランティーク)」を投入し、営業最高速度世界一を塗り替える時速300kmで運転を実現した。日本では同年、上越新幹線の一部区間で時速275km運転を実施したが、スピードではTGVが一歩先を行く状態が続いた。

スピード最高記録は驚異の574.8km

あくなきスピードの追求はTGVの歴史の中でも特筆すべき点の1つだろう。もともとフランスは高速化に熱心で、TGV開業前に造られたガスタービン駆動の試作車「TGV001」は1972年に時速318kmを記録。南東線の開業に先立つ1981年2月には、営業用と同じ車両で時速380kmを記録した。

その後もスピードへの挑戦は続く。大西洋線延長区間の営業運行開始前の1990年5月にはTGVアトランティークの営業用編成を改装して高速走行実験を行い、鉄車輪を使う従来式鉄道としては前人未到のスピードである時速515.3kmを記録し、世界を驚かせた。

一方、日本で営業最高速度が時速300kmに達したのは500系「のぞみ」が登場した1997年で、ここで新幹線はTGVアトランティークと並ぶ「世界最速」の座に久しぶりに返り咲いた。高速試験では1996年7月にJR東海の試験車「300X」が時速443kmを記録したが、その後の速度記録はリニアに移行している。

だが、TGVはその後もスピードへの挑戦を続け、2007年には当時開業直前のLGV東ヨーロッパ線を使用した高速試験を実施。同年4月3日には従来式鉄道として過去最高の時速574.8kmを記録した。

次ページ新時代の国際列車として発展
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT