「原子力潜水艦は必要か」総裁選4候補の考え方

河野氏、高市氏は前向き、岸田氏、野田氏は慎重

松山キャスター:高市さんも原子力潜水艦検討すべきだということだが。

高市早苗前総務相:オーストラリアが持ったのは、原子力潜水艦は非常に高速度で遠くまで長期間行けるということ。南半球から西太平洋、東シナ海辺りまで視野に入れて安全保障環境をつくっていこう、こういうことなのだろう。日本の通常型潜水艦もなかなか優れもので、近海で使う分には十分だ。原潜に比べて音も小さい。日本は非常に高度な潜水艦を持っている。ただ、今後の国際環境、最悪のリスクとかさまざまなことを考えると、共同で少し長距離に対応できるものはあってもいいのではないか。ただし、原子力基本法との整理は必要だ。原子力の平和利用ということをどう整理するか。原潜保有は憲法違反にはならないと考えている。

(写真:FNNプライムオンライン)

課題は処遇改善と人員確保

松山キャスター:岸田さんは慎重姿勢ということか。

岸田文雄前政調会長:はい。原子力の技術は大事だ。ただ、原子力潜水艦について、日本の安全保障体制を考えた場合、どこまで必要なのか。AUKUS(オーカス)でのオーストラリアの原潜導入は、活動範囲が大変広いのが1つ大きな理由になっている。日本はどこまで必要なのか。通常型潜水艦は、静寂性等では原子力潜水艦と比べて優位性があるとの指摘もある。わが国の潜水艦体制の最大の弱点は人員の確保だ。秘匿性が求められる、長期間勤務につかなければならない、こういったことで人が集まらない。潜水艦体制の弱点である処遇改善、人員確保を優先的に考えるべきだ。

松山キャスター:野田さんも慎重な姿勢。

野田聖子元総務相:(原潜を)保有するつもりはない。非核三原則を堅持する国だと明確にしたい。現実的には、すぐに買って使えるような話ではない。国民の合意をしっかりと作っていかなければいけない中で、どのくらい(費用が)かかるかもわからない。そういう(原潜保有を)議論するのは無駄なことだ。

FNNプライムオンライン「日曜報道 THE PRIME」 の関連記事
自民党総裁選は最終盤へ 4候補の戦いに変化は
河野氏SNSは「諸刃の剣」か 総裁選各陣営のネット戦略を検証
総裁選で見解分かれる どうなる私たちの年金...保険料やめて消費増税?
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT