「原子力潜水艦は必要か」総裁選4候補の考え方 河野氏、高市氏は前向き、岸田氏、野田氏は慎重

拡大
縮小
自民党総裁4候補の原子力潜水艦保有への姿勢とは?(写真:FNNプライムオンライン)
この記事の画像を見る(3枚)
「日本も原子力潜水艦の保有を検討するべきか。総理になったら検討するという方は挙手を」。番組キャスターの問いに、河野太郎規制改革相(58)と高市早苗前総務相(60)の2人は、迷うことなく手を上げた。
自民党総裁選投開票日を3日後に控えた9月26日、河野氏、高市氏、岸田文雄前政調会長(64)、野田聖子元総務相(61)の4候補が、フジテレビ系『日曜報道 THE PRIME』(日曜午前7時30分~8時55分)にそろって生出演した。
番組では、中国の海洋進出に対抗するため、アメリカ・イギリス・オーストラリア、3カ国がインド太平洋地域での新たな安全保障協力の枠組み「AUKUS(オーカス)」を創設し、オーストラリアがアメリカ・イギリスの協力で原子力潜水艦を導入する方針であることが紹介された。
これを受け、河野、高市両氏が日本も原潜を持つことに前向きな姿勢を示した。一方、岸田、野田両氏は保有に慎重な姿勢を示した。
以下、番組での主なやりとり。

原潜保有について検討すべきこと

梅津弥栄子(フジテレビアナウンサー・キャスター):皆さんに聞く。日本も原子力潜水艦の保有を検討すべきかどうか。総理になったら検討するという方は挙手を。

松山俊行(フジテレビ政治部長・解説委員・キャスター):河野さん、真っ先に上げたが、どういう考えか。

FNNプライムオンライン「日曜報道 THE PRIME」(運営:フジテレビ)の提供記事です

河野規制改革相:能力的には、日本が原子力潜水艦を持つというのは非常に大事だ。ただ、母港として受け入れてくれる地域があるかどうか。運用に関する能力、あるいはコスト、こういったものが現実的かどうかは検討していかなければいけない。能力的には考慮する要素だと思っている。

橋下徹(元大阪市長・弁護士・番組レギュラーコメンテーター):河野さん、僕も原子力潜水艦を核兵器とは別にきちんと配備すべきだと思う。しかし、そうであれば原子力の技術はむしろしっかり持って、発展させていくという意味も込めて、大型商業原発は別としても、小型原発は推進していかないと、技術も持っていないのに原潜なんて運用できるのか。

河野規制改革相:技術は必要だ。運用について、能力が身につくのかどうかは、しっかり検討しなければならない。

次ページ保有に慎重な岸田、野田両氏の考え
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT