部下を「自分のコピー」に育ててはいけない理由

イエスマンばかり育成した社長が直面した苦難

学生時代の卒業式や結婚式で、分厚い記念アルバムをもらったことがあると思います。

感情コンサルに相談にこられた遠井社長は、そういう特別なアルバムを作る会社の社長さん。社員は約50名、創業から100年以上の歴史がある老舗です。

遠井社長は、自分で営業から商品開発まで全部できてしまう方で、ずっと社員に頼ることなく、突っ走ってこられたそうです。社員教育については、「自分のコピーを作ればうまくいく」という考えで、社員には、自分で決めたルールを守らせていました。

「どんなルールを、決めていらしたのですか?」

「『始業の3分前には席について、仕事をはじめる準備をする』とか、『仕事は締め切りの1週間前には一度、報告ができるレベルにまで仕上げる』などですね」

「それを、社員のみなさんに守らせていたのですね」

「そうです。すべてマニュアル化して徹底していました」

「そうやって、社長さんのコピーを育てようとされていた」

「はい。それが一番、効率がよくて、会社がうまくいくと思っていました」

時代の流れで売り上げは低迷

かつて、業績は順調でしたが、世の中のデジタル化の流れのなかで、だんだんと売上が低迷してきます。

「分厚いアルバムが、時代に合わなくなってきたんです。それで、私ももう歳で頭が固くなってきたし、それなら、社員から会社の今後について、何か新しい意見を聞こうと思って話をしてみたんです。そうしたら、誰も何も考えていなかった(苦笑)」

「分身の術を使ったつもりだったのに、誰ひとり育っていなかったのですね」

「そうです。考えてみれば、全部、自分でやってきて、周りにイエスマンを育ててきたのですから当然の結果です。社員にしてみたら、『会社の将来について、今さら聞かれても、今までどおり、社長のお好きにやれば』という気持ちだったと思います」

そんなとき、息子さんから会社を継ぐ気持ちがないことを告げられたそうです。

遠井社長は、いよいよ、自分が辞めたあと、会社をどうするかで悩みました。

「息子が継がないなら、会社は売却するか、社員の誰かに継がせるかのどちらかです。そのことで悩んでいたら、なんだか、無性に社員たちに対して腹が立ってきてしまって……。『自分がこれだけ頑張っているのに、なんだよ、お前ら!』って」

次ページ遠井社長への「コンサル」の中身
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT