東武東上線「ときわ台から下赤塚」には何があるか

池袋―成増間「地下鉄と直通しない区間」の底力

「現在の駅舎は2018年にリニューアルしたものです。以前の駅舎を建て替えることになった際、地元の方々のご要望もあって1935年に開業した当時のデザインに戻す形になりました。青色のスペイン瓦、壁には大谷石を使って破風板も開業時と同じ色に塗っています。改札口の位置も、開業したときと同じなんですよ」(松下駅長)

駅舎の脇には武蔵常盤小径と名付けられた小さなギャラリーがあり、そこには常盤台住宅地の概要や歩みがまとめられている。駅前には立派なロータリーがあって、その先に常盤台住宅地へと続く。“各駅停車8駅”、ほかの駅も庶民的で温かい雰囲気だが、ときわ台駅は少し違う空気感を持っている。駅前に立派なロータリーがあるのもそうした理由の1つだろうが、やはり開業当時と同じ姿の大谷石の駅舎のたたずまい、そして約90年の歴史を刻んできた常盤台住宅地の存在がゆえなのだろう。

街との距離が近い上板橋

そんな8駅の中でも異彩を放つときわ台駅から再び電車に乗って、上板橋駅にやってくるとまた駅前の雰囲気は元に戻って庶民的だ。大きなロータリーはなく、南側はクルマも入ってこられないような小さな道と商店街。北側には広場こそあるものの、路線バスがぐるりと回れるほどのスペースはない。誘導員が笛を吹いて切り返しているくらいだから、やはり駅前は小さい。この小ささこそが、駅と街の距離を縮めてくれるのだ。

上板橋駅は、かつて東武鉄道に存在していた、現・スカイツリーラインと東上線を連絡する“西板線”(西新井&上板橋)という壮大な計画の終着地。スカイツリーライン側ではその一部が東武大師線として結実したが、上板橋側はまったくの手つかずのまま終わっている。なので、もちろん西板線の計画を忍ばせるようなものは見られない。

次ページ啓志線の数奇な運命
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT