松本人志にフジテレビとTBSがこんなにも頼る訳

局を挙げた大型特番のオファー集中に映る危機感

TBSとフジテレビの狙いとは?(写真:日刊スポーツ新聞社)

9月8日、松本人志さんが58歳の誕生日を迎え、「今日はワタシのバースデー 時を経て58歳になりました 経たな~。経た。経た。これからも経るのだろうなー。皆さんも良い経て方をして下さい」とツイートしました。

一見、加齢に対する弱気な言葉に見えますが、この「経て」というフレーズは、かつて「ダウンタウンのごっつええ感じ」(フジテレビ系)のコントで松本さんが演じたキャラクターが連呼していたフレーズ。長きにわたってファンを「経て」きた人々を大いに喜ばせる、さすがのツイートでした。

松本さんは5日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、「僕はもういいんですよ。もう数年でやめるんで。本当に、本当に。数年で辞めるよ。辞めます、辞めます」と語るシーンがありました。これはどこまで本気なのか真意はわからずファンを動揺させていますが、一方で「大型特番への出演ラッシュが過去最大級になっている」という事実があります。

誕生日の8日、松本さんにかかわるもう1つのニュースが報じられました。その内容は、「10月2日に『お笑いの日2021』(TBS系)が8時間にわたって生放送され、総合MCをダウンタウンが務める」というもの。さらに、その中のメインコンテンツである「キングオブコント2021」の「審査員は松本さん以外交代する」ことが反響を呼んでいます。これは言わば、「番組の顔である松本さんだけは変えられない」という制作サイドの方針でしょう。

この1年で新たな特番が次々に誕生

松本さんは8月28日・29日に放送された9時間生特番「FNSラフ&ミュージック ~歌と笑いの祭典~」(フジテレビ系)にも出演したばかり。総合司会はフジテレビの新人女性アナウンサー3人であり、松本さんは「キャプテン」という肩書ながら、事実上のMCとしてコメントの中心を担っていました。

その他もTBSとフジテレビは、この1年間で松本さんをメインに据えた特番を連発。まずTBSは6月に「キングオブコントの会」、1月と4月に「審査員長・松本人志」、5月に「クレイジージャーニー2時間SP」、1月に「ドリーム東西ネタ合戦」を放送しました。また、昨年4月に放送された「史上空前!!笑いの祭典 ザ・ドリームマッチ」の放送も待望されています。

次ページ一方のフジテレビは?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT