美人ヴァイオリニストの「質素な恋愛観」

新アルバム、恋愛・・・川井郁子さんにズバズバ質問!

――タンゴは男性と密着しますし、セクシーなダンスというイメージがあります。そういう意味での抵抗感などは?

それが全然ないんです(笑)。逆に女性の部分を解放できるというか、いつもと違う自分になれるというか……。

――なんだかドキドキしますね。ダンスが音楽に影響した面はありますか。

タンゴは男性が100%リードするんです。でも女性もついていくだけではなくて、男性の動きに全感覚を研ぎ澄まし、男性と一体になる必要があります。タンゴによって、そういう感覚が磨かれたように思います。この感覚は、演奏でもほかの方と共演する際など、演奏の呼吸を合わせるのにすごく大事なものなんです。

――9月6日に予定されているコンサートは、一転して和の世界です。

「道〜Blue Bird〜」といって、和太鼓や尺八、琴などを使った和の要素が強い舞台です。「道」というのは「女性の道」のことなんですね。女性というのは、恋愛や出産、幸せや苦しみのなかで、次々に生まれ変わっていく。私自身が娘を授かったとき、感じたことでもあります。失恋しても、ネガティブなものを引きずらないでしょう。そういった女性の強さや人生というものを、お客様に伝えられればいいなと思います。

――舞台で緊張しませんか。

それが全然、緊張しないんです。舞台では人が変わる、というか本当に嬉しい、という気持ちのほうが強くて、プレッシャーというものもありません。舞台が本当に好きなんですよ。

 出会いは、なかなかありません

――舞台の上では奔放そうにもみえる川井さんが、実はシングルマザーで彼氏がいない、と聞きました。頼れる存在がほしいのでは?

そうかもしれませんね(笑)。でも、頼れる存在ということでなくても、たとえばデートとか、ときめくシチュエーションがあればいいな、とは思います。残念ながら出会いはなかなかないです。

周りには肉食系女子もいるし、「恋愛がエネルギーになる」というような、恋愛体質の女性も多いのですが、私はどちらかというとダメですね。うじうじしてしまう。仮に好きな人がいても、自分からアプローチできないんです。

次ページ好きな男性のタイプは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • おとなたちには、わからない
  • 最強組織のつくり方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。