菅首相が総裁選不出馬、風雲急告げる後継レース

複数候補の立候補前提に自民各派は対応急ぐ

自民党総裁選への不出馬を表明した菅義偉首相(写真:AFP=時事)

9月3日昼、自民党をつむじ風が襲い、政局秋の陣の風景を一変させた。菅義偉首相(自民党総裁)が突然、総裁選不出馬を表明したからだ。

「コロナ対策を優先する」のが理由だが、実態はあからさまな政権投げ出し。自民党内は蜂の巣を叩いたような騒ぎとなり、「ポスト菅」を決める総裁選に向け、各有力候補や各派幹部らが入り乱れての遭遇戦に突入した。

総裁選は岸田前政調会長が先行

9月17日告示・同29日投開票の日程が決まっている自民党の総裁選は、すでに出馬表明し、コロナ対策も含めて政権構想を打ち出している岸田文雄前政調会長が先行している。

ただ、石破茂元幹事長や河野太郎規制改革相、さらには大派閥・竹下派会長代行の茂木敏充外相らの出馬が取りざたされるなど、事態は風雲急を告げている。今後は自民党内の衆院選もにらんだ多数派工作が過熱することになる。

菅首相は3日午前11時半過ぎから自民党本部で開かれた臨時役員会で、「新型コロナウイルスの現在の状況で、党総裁選をやっている時間はない。コロナ対策に専念するということで総裁選には立候補しない。役員は継続してやってもらいたい」と総裁選不出馬を表明した。

続いて菅首相は同日午後1時過ぎ、首相官邸で記者団に対し、「先ほど、自民役員会で、総裁選に出馬しないことを伝えた」と発言。理由については「総裁選出馬による選挙活動とコロナ対応には莫大なエネルギーが必要。(私は)両立できないので、国民に約束したコロナ感染防止に専念したい」と説明した。

菅首相は役員会や官邸での発言の際は、努めて平静な表情を装った。ただ、官邸での発言は一言だけでわずか1分余り。記者団との質疑には応じず「来週会見する」として足早に立ち去った辺りに、無念さと落胆もにじんだ。

次ページ菅首相の後継総裁指名は「ない」
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT