抗体カクテル療法「発症7日後」投与した彼の病状 変異株にも対応できる専用薬の効果と普及の課題

印刷
A
A
現時点では点滴でしか投与できない治療法だ(写真:mits/PIXTA)

7月19日に新型コロナウイルス感染症の治療薬として特例承認された、抗体カクテル療法(カシリビマブおよびイムデビマブ。製品名はロナプリーブ)。一向に出口が見えない新型コロナ感染拡大に一石を投じる治療として注目が集まっている。

まずは、この抗体カクテル療法を受けた人の声を紹介したい。

「点滴した翌日は熱が高いままでしたが、夕方には体が少しラクになり、翌日には熱が完全に下がっていました。処方してもらった解熱薬も2日目からは飲まなくても大丈夫でした。劇的によくなったという印象です」

「どこで感染したか心当たりがまったくない」

こう話すのは、都内在住の男性会社員の渡辺武さん(仮名、48歳)だ。8月中旬に新型コロナへの感染が確認された。渡辺さんはほぼ毎日テレワークで、8月に出社したのは2回だけ。その2回目の出社の4日後に熱が出た。日ごろから政府が勧める感染対策を守って近所ぐらいしか出歩かず、外食も家族とのみ。

画像をクリックすると、長期戦の様相を呈してきたコロナ禍の今を追う記事一覧にジャンプします

「出社したときも広いフロアに3人ぐらいしかいなくて、黙々と作業をしていました。昼食も1人でとったので、どこで感染したか心当たりがまったくないです」

だから、熱が上がったときも「夏風邪だろう」と思っていたという。だが、熱は37度から38度の間を繰り返しながら、4日経っても平熱に戻らない。「これはもう普通じゃないなと思った」と振り返る。

発症から4日後。高血圧の持病があった渡辺さんは、かかりつけのクリニックが発熱外来を設けていたことから、そこでPCR検査を受ける。翌日にクリニックからの電話で「陽性」と告げられた。その後は保健所から連絡があり、症状についていくつか質問された後、「自宅療養で」といわれたという。

「本当に入院できないんだ、と思いました。持病もあるし、重症化したらとんでもない状況になるんじゃないかと、不安が非常に強かったです」

保健所から抗体カクテル療法の打診を受けたのは、陽性判定を受けた翌々日の昼前。その頃の渡辺さんは、解熱剤を使うと一時的に熱は下がるものの、薬がきれるとすぐに39度近くまで上がるほど病状は悪かった。咳や息苦しさはなかったが、頭痛や関節痛、筋肉痛がひどかったという。

「そんなときに電話がかかってきて、『渡辺さんは重症化するリスクが高い。病院のベッドが空いて抗体カクテル療法が受けられる状況にありますが、どうしますか?』といわれました。もちろん、受けたいと即答しました」(渡辺さん)

次ページ保健所の手配で民間の救急車に乗り、大学病院へ
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT