タリバンが次々危害「執拗に狙われる人々」の素性

諜報機関職員らの「ブラックリスト」が明るみに 

さらにレターは「この召喚に応じない場合、あなたの代わりに家族が逮捕されることになります。あなたとあなたの家族はシャリア法に基づいて処罰されます」と結ばれている。

このレターが当てられた人物は、国際テロにも関わっているとされるタリバンの最強硬派「ハッカニ・ネットワーク」やイスラム国などによるテロ行為に関して、アメリカやイギリスと連携して調査活動に当たっていたとされており、タリバンはそれらの諜報活動に携わっていた重要人物を特に標的として、強く揺さぶりをかけているものとみられる。

国際機関と協力してきた人権活動家も標的に

国際機関と協力して活動してきた人権活動家のアブドゥルさん(仮名)も、初日に身の危険を感じて友人の家にかくまってもらったという。しかし、いよいよ身に迫る危険を感じるなか、ついに8月23日、ある先進国の援助で自宅まで車が手配され、家族を連れて空港へと文字どおり決死の脱出をしたという。

空港までの道中でこっそりと撮ったという唯一の写真には、囲いも屋根もない軽トラックのような車両の荷台に丸腰で乗っている妻と幼い子どもたちの姿が写っていた。数日前に国外退避のため空港まで向かった兄夫婦から、現地の危険な状況を耳にしていたことから、無事に空港内までたどり着くことができるのか不安を抱えていたのか、表情は固くこわばっているように見える。

アブドゥルさんも「私はタリバンの“ブラックリスト”に確実に記載されている」と言い、自宅にいると妻や子どもの身にまで危険が迫ることから、アフガニスタンの平和と安定を目指して活動してきた思いを道半ばで残し、祖国を後にすることになった。

ロイター通信は8月21日、タリバン高官が「野蛮な振る舞いがあることは把握しており、責任を持って対処する」と述べたと伝えている。アフガン全土掌握後、タリバンはアメリカへの協力者や政府職員らに対する「恩赦」を発表、融和的な姿勢を国内外に向け懸命に強調している。

しかし、あらゆる関係者らから明るみになってきている「ブラックリスト」の存在、そして重要人物やその家族の殺害などが事実であれば、恐怖政治が再来する。おびえる市民らのさらなる国外退避は免れず、事態はますます混迷を極めることになる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT