なぜ今復権?今さら聞けない「タリバン」の超基本

誕生したのはいつ?アメリカとの関係は?

アフガニスタンで徐々に勢力を拡大し、再び政権を奪還したタリバン(写真:Jim Huylebroek/The New York Times)

1995年の冬、ニューヨーク・タイムズの特派員はアフガニスタンを訪れ、何年にもわたる残虐な内戦の後、大きな変化が進行しているようだと報告した。

「イスラム純粋主義者とアフガニスタン人の愛国者による新勢力」 は、すぐに国の40%以上を軍事支配した。驚くべきことに、武器を手にするわずか1年前まで、戦闘員の多くはただの神学生にすぎなかった。彼らの名前はまさに 「学生」 という意味だった。タリバン、彼らは自分たちのことをそう呼んだ。

四半世紀後、数万人の命を犠牲にしながらも、戦争で国際的な軍事連合に粘り勝った結果、かつての学生たちは今、国の支配者になった。もう一度。

タリバンの起源を見てみよう。彼らはどのようにして一度だけでなく二度までもアフガニスタンを支配することができたのか。一度目の支配のときには、彼らは何をしたのか。そして、それによって今回の彼らの計画について明らかになるかもしれないこととはなんなのか。

タリバンが誕生したのは1994年

タリバンが出現したのはいつ頃か?

1989年のソ連軍のアフガニスタン撤退後の混乱の中、1994年にタリバンが誕生した。この組織は、アフガニスタン南部のパシュトゥーン民族の中心地であるカンダハル州の農村部に根ざしていた。

1979年にアフガニスタンの共産党政権を支えるために侵攻したソ連は、結局、過去から現在に至るまでアフガニスタンに自分たちの意志を押し付けようとした大国と同じ運命をたどり、追い出された。

ソ連は、アメリカ政府に支援され冷戦時代のライバルとの代理戦争を喜んで引き受けた、ムジャヒディンと呼ばれる反乱軍の寄せ集めのイスラム戦士たちに敗北した。

しかし、その勝利の喜びも束の間、各派閥が離反して主導権争いを始めたのである。アフガニスタンは軍閥主義に陥り、残酷な内戦が続いた。

次ページ「タリバン復権」で女性はどうなるのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT