【産業天気図・空運】ビジネス需要戻り歩調、羽田空港再拡張もあり後半「晴れ」へ。JAL再生が不透明要因


 航空業界にとっての懸念材料はJALの再建状況。6月末に提出予定だった更生計画の提出期限は8月末に延期された。当初発表していた路線、人員の大幅削減は今後一段と上積みを迫られる見通しで、金融機関との調整が本格化している。

大手2社の寡占業界にあるとはいえ、ANA幹部は「JALが多額の公的資金を背景に強気な値下げ競争を仕掛けている」として異議を唱えており、今後の行方は不透明だ。

そのJALは3月に単月黒字化したが、4月は再び赤字転落した。リストラに依存しており、客数回復は鈍い。顧客を呼び込むには値下げにある程度頼らざるを得ないとみられ、今後泥沼化の競争になれば、JALとANAの共倒れになりかねない。

一方、衆人環視の中、戦略的な料金値下げの自由度が縛られる方向に向けば、景気回復に伴ったJALの浮上は依然厳しい。巨額の公的資金を投じることを決めた政府の責任問題にも発展しかねず、難しい局面を迎えることは必至だ。

大手2社に続く業界3位のスカイマーク<9204>は業績好調が続いている。デフレ環境で強みの割安運賃が支持されており、JALばかりでなくANAからも顧客を奪取。搭乗率は8割を超える高水準で推移している。台風の目となるにはまだ規模が小さいが、今年は国際線のチャーター便にも再参入する予定。じわりと大手を脅かす存在になりつつあるのは確かだ。

(冨岡 耕=東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT