【産業天気図・空運】ビジネス需要戻り歩調、羽田空港再拡張もあり後半「晴れ」へ。JAL再生が不透明要因

予想天気
10年4月~9月 10年10月~11年3月

 航空業界は前半の2010年4~9月は「曇り」、後半の10年10~11年3月は「晴れ」に改善する見通しだ。高単価のビジネス客が戻り始めており、前半・後半それぞれ、前回予想から空模様を上方に引き上げた。

3月の成田空港拡張に続き、10月末には羽田空港の新滑走路が供用開始を迎える。これらの効果による発着枠拡大が景気回復と相まって、どこまで業績を押し上げていくかが注目される。

日本航空(JAL)の経営破綻で業界主導役になった全日本空輸<ANA、9202>は主力の国内線が旅客数、単価とも順調に戻り始めている。前期発生した新型インフルエンザの反動増やリーマンショック後の立ち直りが主因だ。大規模な路線リストラや人員最適化も効き回復傾向にある。

国際線の回復は中国・アジア圏が牽引役となって一段と顕著。業務渡航は着実に伸びており、供給座席数も増やすなど強気な計画だ。10月には新滑走路の始動に合わせて、羽田国際線も本格オープンする予定。羽田発着の欧米やアジア路線が新規就航する。

また、ANAは太平洋路線でユナイテッド航空、コンチネンタル航空の米2社とともにスターアライアンス連合で独禁法適用除外(ATI)の申請をしている。10月にも認められれば、重複時間帯の分散などをグループで調整可能となり、一段と収益最大化を図れる可能性も出てくる。

ただ、足元の欧州経済は再び不透明になっている。ボラティリティの高い国際線への依存度が増せば増すほど、リスク要因となりつつあることも確かだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT