【産業天気図・空運】ビジネス需要戻り歩調、羽田空港再拡張もあり後半「晴れ」へ。JAL再生が不透明要因

予想天気
10年4月~9月 10年10月~11年3月

 航空業界は前半の2010年4~9月は「曇り」、後半の10年10~11年3月は「晴れ」に改善する見通しだ。高単価のビジネス客が戻り始めており、前半・後半それぞれ、前回予想から空模様を上方に引き上げた。

3月の成田空港拡張に続き、10月末には羽田空港の新滑走路が供用開始を迎える。これらの効果による発着枠拡大が景気回復と相まって、どこまで業績を押し上げていくかが注目される。

日本航空(JAL)の経営破綻で業界主導役になった全日本空輸<ANA、9202>は主力の国内線が旅客数、単価とも順調に戻り始めている。前期発生した新型インフルエンザの反動増やリーマンショック後の立ち直りが主因だ。大規模な路線リストラや人員最適化も効き回復傾向にある。

国際線の回復は中国・アジア圏が牽引役となって一段と顕著。業務渡航は着実に伸びており、供給座席数も増やすなど強気な計画だ。10月には新滑走路の始動に合わせて、羽田国際線も本格オープンする予定。羽田発着の欧米やアジア路線が新規就航する。

また、ANAは太平洋路線でユナイテッド航空、コンチネンタル航空の米2社とともにスターアライアンス連合で独禁法適用除外(ATI)の申請をしている。10月にも認められれば、重複時間帯の分散などをグループで調整可能となり、一段と収益最大化を図れる可能性も出てくる。

ただ、足元の欧州経済は再び不透明になっている。ボラティリティの高い国際線への依存度が増せば増すほど、リスク要因となりつつあることも確かだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT