丹羽宇一郎“中国大使”への反響、伊藤忠商事相談役の意外な転身

中国政府の対日政策ブレーンとして知られる劉江永・清華大学教授は、「経済の現場をよく知っているだけに、職業外交官とは違った新味のある外交ができるのではないか」と期待する。

そのうえで劉教授は、「外務官僚との関係、そして自身の財界人としての利害関係を、どう調整できるかが注目点」と指摘する。

確かに社業との関係が深い分野だけに、古巣の人材やネットワークを使うわけにはいかない。日本経団連の米倉弘昌会長は6月7日の会見で、「中立・公正の原則を貫いてほしい」と注文をつけた。財界も異例の人事への距離感を測りかねているようだ。

丹羽氏がいかに優秀な経営者であっても、大使一人でできることは限られる。民間からのスタッフ起用など、丹羽氏を孤立させないための仕掛けも必要になりそうだ。でなければ、今回の人事は「政治主導」を演出するだけの一過性のものになりかねない。

(撮影:今井康一 =週刊東洋経済2010年6月19日号)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT