「民主主義」「人権」に絶対的価値は存在しない

あふれるフェイクニュースから真実を見いだす方法

東西冷戦の終了とともに、武力による高圧的な戦略は、ますます情報による戦略に代わってきた。ジョゼフ・ナイは『ソフト・パワー』(山岡洋一訳、日本経済新聞社、2004年)の中でこう書いている。「他国の人たちがアメリカの理想に憧れ、アメリカが望むものと同じ結果を望むようにすることができれば、他国の人たちをアメリカが求める方向に動かすためにアメとムチを使う必要はなくなる。魅力はつねに強制より効果的であり、民主主義、人権、個人の機会といった価値観はきわめて魅力的である」(11ぺージ)。

確かに、民主主義、人権によって心を奪うことは、戦争より安くつき、魅力的なことかもしれない。しかし、この価値観自体が、人類にとって普遍的で絶対的なものではないとしたらどうであろう。まさにここに人権的報道の陥る罠があるともいえる。

国家のソフト戦略になったフェイクニュース

セルビアを非民主的、非人権的と報道することによって、セルビアの人々に、アメリカの民主主義のすばらしさを気づかせ、セルビアを民主主義と人権の国にしようと決断させることができたのだろうか。ユーゴ紛争やコソボ紛争はまさにこうした情報戦略の実験場であったのだが、結果として生まれたのは、今も継続する民族間の敵対と憎悪の連鎖である。

フェイク・ニュースは、国家が組織するソフト戦略の一端であるともいえる。ニュースはつねに価値観を含む。価値観を含まないニュースなどない。どの通信社を使うか、どのテレビを見るかで、ある種の価値観に決定されたニュースを見ていることになる。最近ではスマホに世界中のニュースや、ユーチューバーのニュースが勝手に流れてくる。こうしたなか、納得する情報をつかめるのだろうか。

相反する立場の国のニュースを聞くと、事実と言われるものがまったく異なって伝えられていることに気づく。私はユーゴスラビアという社会主義圏に住んでいたので、この種の悩みに何度も遭遇した。今でも、ロシアや中国のニュースと、西欧のニュースを比較するとまったく異なっていることに気づく。どちらが正しいのか。多くの日本人は西欧が正しいと信じたいだろうが、しかしそうではない。

これを避けるには、むしろスマホを使うといいかもしれない。スマホの時代になり、逆に努力さえすれば、両体制のニュースを見ることができ、お互いを比較し検討できるのだ。こうして比較・類推することで、ある程度ニュースがフェイクであるかどうかが見えてくるのだ。ただし、そのためには当然のことながら外国語の能力が必要不可欠であることは、付加しておく。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT