今や「FAの三菱電機」が快走する

通期業績予想を上方修正、さらに上振れも

これらを受けて会社側は、4月に公表した上期の業績予想を引き上げた。売上高1兆9500億円を1兆9800億円(前期比9.3%増)へ、営業利益830億円を1000億円(同25.4%増)へと、それぞれ上方修正。同時に通期も、売上高4兆1800億円から4兆2200億円(同4.1%増)へ、営業利益は2500億円から2600億円(同10.6%増)へと上方修正している。

 が、通期の業績修正は上期の上乗せ分を、ほぼそのまま加算しただけ。かなり保守的な数字を出してきたといえよう。これでFAなどが快走し、重電システムや情報通信システムで案件の期ずれや剥落がなければ、もう一段と上振れする可能性もある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT