小学生が自分から勉強をし始める「魔法の言葉」

「うちの子は勉強嫌い」という親に伝えたい

夏休み、家にいるわが子が自分から勉強や夏休みの宿題をしだすために、親ができることとは? (写真:Venus/PIXTA)
夏休み、家にいるわが子に対して、毎日「勉強しなさい!」「宿題しなさい!」と口うるさく言うのは、大人だってイヤなものです。では、小学生の子が自分から勉強しだすために親ができることは? 新刊『小学生の子がどんどん勉強するようになる親のすごい声かけ』を上梓した、話題の教育系YouTuber葉一さんにアドバイスを聞いてみました。

「勉強=大変」のイメージを崩す

「なかなかやる気が出ない」「勉強に取りかかるまでに時間がかかる」。そんなタイプのお子さんは、頭の中で「勉強=大変」という考えが凝り固まってしまっているケースが多いです。

でも、大人の私たちだって、そうですよね。やっかいな仕事が降ってきて「終わるのにいったい何時間かかるのだろう……」というときには、ため息をつきたくなりませんか。なかなか腰が重くなって取りかかれませんよね。でも、ゴールの見える、10分くらいでサクッとこなせる仕事量なら、「ちゃっちゃと終わらせようか!」と軽い気持ちで取り組めるでしょう。

子どもだって同じです。やる気が出ないときには、「これならすぐ終わるからさっさと終わらせてしまおう!」と思える量まで減らすこと。

お子さんに 「どれくらいの量ならすぐに始められる?」と率直に聞いて、その子が無理なく取り組める量まで減らしてみてください。そうすることで、子どもの心理的なハードルはぐっと下がります。いやいや勉強しだすのではなく、ごく自然に取りかかれるように変わってくるはずです。

「では、うちの子にはどれくらいの量がベストなの?」と迷われる方も多いかと思います。

子どもにとってベストの勉強量は、子どもに決めさせるのがいちばんです。たとえば、

「毎日、漢字何個だったら覚えられそう?」

「計算の問題、いくつならやり切れる?」

とお子さんに聞いてみてください。

次ページわが子に適切な勉強量は?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT