再エネ比率36~38%に引上げも原子力は現行維持

野心的と自賛する経産省の「基本計画」素案

経済産業省は21日、2030年度の発電電力量に占める再生可能エネルギーの割合を約36-38%とし、現行の22-24%との目標から大幅に引き上げる案を示した。

福島県浪江町の太陽光発電所(3月)Photographer: Toru Hanai/Bloomberg

経産省が発表した中長期のエネルギー政策を方向づける「エネルギー基本計画」の素案によると、30年度の電源構成における原子力の比率は20-22%と従来の目標を維持する。再生可能エネルギーと原子力を除いた残りの電源のほとんどは石炭と液化天然ガス(LNG)を利用する火力発電となる見通し。

削減目標の達成には再エネの一層の拡大が必要

世界的な脱炭素化の流れを受け、菅義偉政権は4月、30年度の温室効果ガスの排出削減目標を13年度比で46%減に引き上げた。電力の固定価格買い取り制度が12年に導入されたことで太陽光を中心に再生可能エネルギーの利用が大幅に進展したが、削減目標の達成には再エネの一層の拡大が必要となる。

素案では、安全性や経済性などを前提に「再生可能エネルギーの主力電源化を徹底し、再生可能エネルギーに最優先の原則で取り組み、国民負担の抑制と地域との共生を図りながら最大限の導入を促す」と明記した。

次ページ原子力の構成比率の達成も容易ではない
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 戻りたくなる組織の作り方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT