鋼材価格が大幅上昇 原料高が産業界を襲う



 資源高の背景にあるのは中国など新興国での旺盛な需要増。こうした地域に強みを持つ外需系企業であれば原料高はこなせる。だが、建設など低迷続く中、内需系では原料高というマイナス面が響き、収益が圧迫されることになる。

鋼材価格が4割も上がった08年は、日本経済全体で5・6兆円の負担増となった。「日本経済はリーマンショック前から景気後退入りしていたが、大きな要因が資源高だった。今後は国を挙げた原料権益の確保を考えるべきではないか」(山本氏)。

金額に加え、輸入数量も増える今年は、前年比で4兆円を超す負担増が試算されている。“持たざる”リスクが原料高として、日本経済を大きく直撃しそうだ。

(山内哲夫 =週刊東洋経済2010年6月12日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。