定期券需要減、売り場は「シェアオフィス」に変身

東急駅員らが「手作り」、約2カ月でスピード開業

閉鎖後の課題となったのが旧売り場の活用だ。長津田駅と武蔵小杉駅以外は定期券売り場に店舗やトラベルサロンなどを併設しており、定期券販売を取りやめてもスペース自体は残る。だが、両駅は定期券売り場が単独で存在していたため、営業終了後は遊休施設となってしまう。

そこで生まれたのが、旧売り場をシェアオフィスとして活用するという発想だった。「定期券売り場閉鎖による固定費削減だけでなく、新たな収益源としても活用していきたい。定期利用が減ったのはテレワーク需要増という側面があるので、新たな業態で駅施設を使えないかと考えた」と、同社鉄道事業本部運輸計画部の澤口俊彦氏は語る。

背景には、親会社の東急が1月~4月末にかけて実証実験を行った通勤定期客向けの会員制スマホサービス「DENTO(デント)」で、沿線のカフェやスポーツ施設などを使って提供したシェアオフィスのニーズが高かったこともあるという。「気軽にドロップイン(一時利用)で使える施設はまだ少ない。そういった部分に収益性があるのではないかと考えた」(澤口氏)。シェアオフィスとしての活用検討が本格的に始まったのは5月17日。準備期間は2カ月足らずだった。

駅係員や運転士が企画チームに

今回の企画の特徴は、プロジェクトチームのメンバーとして乗務員や駅係員など現場社員の参加を募った点だ。「駅利用者のニーズをつかめるのは日々お客様と接している駅係員や乗務員ではないかと。また、こういった施策に関わってもらうことでポテンシャルを最大限発揮してもらえればと考えた」と澤口氏はいう。

「TSO エキスル長津田」の室内。定期券売り場時代のカウンターなどは撤去して机を配置している(記者撮影)

同社には一時的に繁忙となるプロジェクトなどについて、応募により他部門の社員が参加できる制度があるといい、今回は運転士1人と駅係員2人が応募し、専属の企画担当となった。

もともと東横線の運転士という田島昌隆氏は、最初は同社が5月から実証実験している定期券サービス「TuyTuy(ツイツイ)」をPRするための「動画編集に興味がある人」という募集にひかれて応募。「公式チャンネルに編集した動画を上げています」(田島氏)。そのプロジェクトに関わる過程で、シェアオフィスの開業にも携わることになったという。

同様に企画担当メンバーの小林潤一郎氏は、3月末まで田園都市線あざみ野駅で駅係員として勤務。「現場の声が欲しいということで力になれるのではと思ったのと、駅業務の中では経験できないことに挑戦してみたかった」と語る。

次ページポスターや小物類は駅係員お手製
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT