型破りのコーチング 平尾誠二・金井壽宏著


著者の平尾誠二氏はラグビーの名選手であり名監督。「名選手必ずしも名将に非ず」の俗伝に大きく反して、実践の場で使用に耐えうる自分なりの理論(本書では持論・自論)を構築した人物である。高い水準のスキルと実践経験を持ち、経験から得た教訓を言語化できる人を「内省的実践家」と名づけるが、平尾氏はこの極めて限られた資質とキャリアの持ち主である。

本書は、「持論・自論」の持ち主の平尾氏と、リーダシップ、キャリア、モチベーションの研究者である金井壽宏氏が、コラボレーションで作り出した「型破り」提言集である。

何が型破りなのかは、見出し「『何度言ったらわかるんだ』と言わなくても、人は動く」や、「型を教えてもメンタルは育たない。日本の組織では『自律ある個』は生まれないのか」などのキャッチフレーズに明らかだ。

特に、第三章「コーチングの通説を疑え」では、「オレの背中を見てついてこいは最悪」とか、「カリスマ的リーダーはもはや存在しえない」などの刺激的言説に満ちている。

金井氏は、世阿弥『花伝書』の言葉・「守・破・離」を引用して、日本のあらゆる組織が必要としているのは「破」であると看破する。そして、コーチ、カウンセラーやメンター−などの指導者・師の教えを「守」るのではなくあえて「破」り、自らの独創性を出し、師から「離」れて自在の境地に至ることが「型破り」につながると説く。 
(田宮寛之 =東洋経済HRオンライン)

PHP新書 735円

  

人事・労務が企業を変える 東洋経済HRオンライン

 

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT