弘中アナ語る小学校時代「休日は12時間勉強した」

記念受験で受けた慶應中等部に進学して得た事

テレビ朝日のアナウンサーである弘中綾香さんが、「人生で一番勉強した」という中学受験を振り返って思うこととは?(写真:ocsa/PIXTA)
アナウンサーとしていくつもの番組を担当するかたわら、エッセーの執筆や雑誌モデルなど多彩な活躍を見せる、テレビ朝日の弘中綾香さん。「人生で一番勉強した」という中学受験を振り返って、今思うことは? 6月28日発売のAERAムック『偏差値だけに頼らない 中高一貫校選び2022』(朝日新聞出版)で、中学受験や中高時代の思い出について語った。

中学受験に挑む子たちのモチベーションはさまざまだ。「絶対にこの学校に入りたい」とがんばる子、親の期待に応えたいと思う子、受験勉強そのものが楽しい子。弘中綾香さんは「あきらかに、塾での成績を上げたくて努力する子でした」と笑う。

中学受験をするかどうか、深く考えた記憶はない。「姉が受験したから自分もするんだろうな」と、小4の4月から大手進学塾に通い始めた。

慶應中等部は記念受験でした

第1志望は、地元の神奈川にある女子校だった。「といっても『絶対にここがいい』と思ったわけではなく、どちらかといえば母に誘導された感じ(笑)。私自身は『校舎がきれいだし、セーラー服の制服がかわいいし』くらいの気持ちでした」

当記事は、AERA dot.の提供記事です

それでも一生懸命勉強したのは、テストの成績で席順やクラスが変わったり、模擬試験の上位者の名前が冊子に載ったりすることが、ゲーム感覚で楽しかったからだ。

「小6の4月には『一日も休まずに勉強する』と決めた記憶があります。量をこなさないとできないタイプだったので、休日は一日12時間以上勉強しました。あんなにがんばって勉強したのは、人生であのときだけですね(笑)」

成績が伸びたこともあり、併願校の中に慶應義塾中等部を加えることになった。2月1日に受験した第1志望には無事合格。弘中さんは、ウキウキと「記念受験」に臨んだ。

「筆記試験はめちゃくちゃリラックスして受けました。でも2次試験は体育……。私、運動神経が本当に悪いので『これは落ちたな』って」

しかし、予想に反して合格。もちろんうれしかったが、周囲の「当然、慶應に入るもの」という空気に戸惑った。

「ずっとめざしていた第1志望に合格したのに、なんで行っちゃいけないの?という違和感はありました」

次ページ慶應に進んで気づいたこと
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT